● 作り手としての気持ち&使い手へのメッセージ  ●  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ふつうの生活を送る人が、愛着をもって日々使える器を作る。
これを基本に考えたい。器は使ってナンボだから、
実用性より意匠がしゃしゃり出る事は避けたいと思う。

● 略歴 ● 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1950年、輪島市生まれ。
70年代初めより約20年を京都で過ごし、92年輪島に居を移し、
漆器制作の道に入る。
独立の後 制作を続け、いまに至る。

石畑哲雄

価格帯
  • 円〜

絞り込み条件を開く

Copyrights(C) cast japan All Rights Riserved.