間仕切ポール

間仕切ポールって?
『間仕切ポールとは』カーテン(シート、ネット)の端に取り付けるアルミのポールで、主にサイドポール、取手、マグネットベルトの構成で 出来上がります。
屋外での使用で風でカーテンがバタついたり、ほこりが入る、気密性、温度を保持したい場所などに最適にお使いいただけます。取手を付けれるので、開閉時の操作性、見映えをアップできます。
マグネットベルト使用で密封性アップ、省エネ対策に効果を発揮します!各種部材(取手、落し、ロック)を取付け機能性アップ、施工も簡単でワンランク上の空間を造れます。


間仕切ポールの構成図



間仕切ポール 使用例



間仕切ポール 種類・特徴

専用のバーでネット(網)も取付可能 施工性重視の設計で作業効率抜群
価格 ★★★☆☆
強度 ★★★☆☆
施工難易度 ★★★☆☆
汎用性 ★★★★★
価格 ★★★☆☆
強度 ★★★☆☆
施工難易度 ★★☆☆☆
汎用性 ★★★★☆

1番人気☆
間仕切シリーズで一番出ているポピュラータイプ

■取付簡単
厚みのあるシート、ネットの取付もOK
コーナーや3方での使用が可能
シートの厚み2mmまで

ポール全体でシートをはさむだけ
取付簡単 / 見映えすっきり

納まりがスマート
強度がある
厚みのあるシート、ネットの取付もOK
コーナーや3方での使用が可能
シートの厚み1.5mmまで



特殊アルミを使用した重量級のポール 最高強度のポール
弾性限界荷重が【押えバータイプ】の3倍以上
価格 ★★★★☆
強度 ★★★★☆
施工難易度 ★★★☆☆
汎用性 ★★★☆☆
価格 ★★★★★
強度 ★★★★★
施工難易度 ★★★★☆
汎用性 ★★★☆☆

開口高があるところ / 風が強いところ
強度をもとめる場所

コーナーや3方での使用が可能

シートの厚み2mmまで

シリーズ最強強度
開口部の高ところ、幅が広い所、
シートの重量があるなど、風が強いところ
強度をもとめる場所

シートの厚み2mmまで


間仕切ポール 対応比較表

  押さえバー 挟込み HG GTZ
ランナー
許容荷重
(最大)
30kg 30kg 40kg 100kg
対応レール GT30/GT40 GT30/GT40 GT50 GTZ
シート対応厚み 0.9mm 0.6mm 0.9mm 0.9mm
推奨高さ制限 ジョイントで
最大5m
4m ジョイントで
最大6m
ジョイントで
最大7m
コーナーや
3方使用
×


間仕切ポール 各部材詳細

間仕切用ランナー


間仕切専用のランナーです。最大荷重20〜100kg。
開閉捜査がスムーズで、重量物でもベアリング入りで静かに走行します。
耐久性もバツグンです。



間仕切ポール 対応レール
GTZタイプ GTZ
HGタイプ GT50
押さえバータイプ GT40/GT30/GTI
挟み込みタイプ GT40/GT30/GTI


MGベルト


ゴム製のマグネットで、サイドポールの上部から差込みます 。
上から下まで隙間なく左右でN極、S極があります。(N極にはV溝があります)
片開き用枠と合わせる際は、N・S極を逆に取付けてください。
N・S極が中央で分かれているため、ずれることなく、ポールのつらがピッタリ揃います。



取手


使いやすいL型です。
強力なMGベルトもてこの原理で簡単に開閉します。
片手で開閉可能なワンハンドオープンタイプ。



落し


間仕切ポールの下側を固定します。



間仕切ロック

●間仕切の両側からロックの操作が可能
●穴を1カ所(10〜11mmφ)あけるだけで取付簡単
●クロームメッキで傷つきにくく、見映え良好
●南京錠取付可能な伴掛穴付も用意




間仕切ポール ジョイント


ポールに強度をもたせジョイントします。

〈STEP1〉
片方のポールにジョイントを半分(250mm)差込み、付属のピアスビスで固定します。
〈STEP2〉
残りのポールをジョイントの奥まで差込みます。
〈STEP3〉
差し込んだポールを、付属のピアスビスで固定します。
※ピアスビスは対面がぶつからないよう取付けてください。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
129件中
1〜20件

ページの先頭へ戻る