1. ビニールカーテンのCレンジャー >
  2. 案内 > 
  3. カフェカーテンとシェ...
カフェカーテンについて

小さな窓や戸棚の目隠しにはカフェカーテンがおすすめです。
カフェテリアで使われていたことからこの「カフェカーテン」と名がつきましたが、キッチンの小窓に限らず、リビングの出窓、玄関やトイレなどの小窓や暖簾(のれん)代わりにも使われます。

カフェカーテンは窓枠や壁に穴をあけなくてすみ、細い窓や横長の窓にも付けれて、季節にあわせた生地のかけ替えが簡単なので、いつでも簡単に、そして手頃にお部屋の印象を変えたり気分を変えたりできます。

カフェカーテン 上部仕様について


カフェカーテン 下部仕様について


カフェカーテン サイズの決め方について


カフェカーテン サイズの決め方について




ローマンシェードについて

ローマンシェードとはカーテンの生地を使ったロールカーテンのようなもので、紐(コード)を引くことで生地が上下し、カーテンシェードとも言われています。
主に小窓や出窓に利用されていますが、最近では通常カーテンを吊るような大きな窓にも、ローマンシェード(カーテンシェード)をつけるインテリアが多くなってきています。
大きな窓にも対応できる「ドラム型」や、小さい窓にリーズナブルに対応できる「I型」がありますが、総称でローマンシェードと呼ばれています。

ローマンシェード 上部仕様について


ローマンシェード サイズの決め方について


カフェカーテンとシェードのサイズの決め方

価格帯
  • 円〜

絞り込み条件を開く

ページの先頭へ戻る