1906年にイギリス移民のウィリアム・J・ライリーによって、アーチサポートインソールの製造メーカーとして開業。ライリーがこの時に開発したインソールはニワトリの足の爪にヒントを得たものであった。 その後、これらの技術を基に矯正靴の製造を開始。 1960年には、ウィズ(足囲)でもサイズ選択が可能な「ウィズサイジング」を世界で初めて採用したシューズを発売。以降この「ウィズサイジング」はニューバランスシューズのサイズ選択の基本となっている。 Nの文字をあしらったデザインが特徴的であり、中でもスニーカーの「1300」はラルフ・ローレン氏が「雲の上を歩いているようだ」と絶賛したことでも有名である。
11件中
1〜11件

Copyright (C) 2015 breaks general store All Rights Reserved.