Frection 22インチキャリーケース[103-601]

販売価格(税込):18,360円

KANGOL 22インチキャリーケース[850-8751]

販売価格(税込):14,904円

FILA 19インチキャリーケース[860-1830]

販売価格(税込):12,744円

is+ 24インチキャリーケース[103-651]

販売価格(税込):30,240円

 
ellesse 18.5インチキャリーケース[830-2010]

販売価格(税込):12,744円

KANGOL 24インチキャリーケース[850-8641]

販売価格(税込):18,144円

is+ 19インチキャリーケース[230-8202]

販売価格(税込):14,904円

is+ 19インチキャリーケース[230-8900]

販売価格(税込):14,904円

◉スーツケース選びのポイントアドバイス(ハードタイプとソフトタイプのメリットとデメリット)
  ハードタイプ ソフトタイプ
メリット
  • ・デザイン性に優れている
  • ・衝撃に強く耐久性に優れている
  • ・TSAロックなどの信頼性の高い鍵が付いている
  • ・耐水性があり雨や雪に強い
  • ・中身が両サイドに分かれていて収納しやすい
  • ・海外で流通量が多いため目立ちにくい
  • ・外部にポケットなどが多く小物などの収納に便利
  • ・多くが片開きなので荷物の出し入れが省スペースですむ
  • ・多くがファスナータイプで中身がはじける恐れが少ない
  • ・衝撃によりスーツケースが割れる心配がない
デメリット
  • ・多くが両開きなため、一度閉めると荷物の出し入れがしづらい
  • ・ケースを 閉じる際に片側を持ち上げる必要があるので重い
  • ・衝撃に強く設計されていrが、傷やへこみが付きやすい。
  • ・ソフトタイプに比べると重たい
  • ・内容物に衝撃が伝わりやすく壊れる危険性がある
  • ・荷物を収納した際、下になった荷物が取りづらい
  • ・鍵が簡易的な南京錠しか付いていないものが多い
  • ・レインカバーをかけても雨に弱い
◉スーツケース選びのポイントアドバイス(フレームタイプとジッパータイプのメリットとデメリット)
  フレームタイプ ジッパータイプ
メリット
  • ・作りが頑丈なので壊れにくい
  • ・横からの衝撃に強く形が変わりづらいので中身を守ってくれる
  • ・荷物を詰めすぎてもストッパーが丈夫なので押さえれば結構入る
  • ・フレーム素材がないため、フレームタイプに比べ軽い
  • ・収納後ファスナーをちょっと開けて荷物の出し入れができる
  • ・拡張タイプなどは街幅が3〜5センチ程度広げることができる
デメリット
  • ・フレーム素材にアルミなどを使用するため、重量はファスナータイプに比べ重い
  • ・ファスナーのように少しだけ開けることができないので、途中で荷物の出し入れはできない
  • ・詰めすぎるとファスナーが閉まらない
  • ・周囲からの衝撃が内容物に伝わりやすい

営業日カレンダー

定休日

  • 2020年9月

    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30
  • 2020年10月

    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
プライバシー - 利用規約 - 免責事項 - 無料でお店を開こう! - ヘルプ・お問い合わせ
Copyright (C) 2020 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.