1. ブランドナウ・セレクション >
  2. ネクタイの結び方


プレーンノットダブルノットウインザーノットセミウインザーノット
プレーンノットは、最も一般的なネクタイ結び方(締め方)とされています。 どんなネクタイ、カラーにも適しています。
ダブルノットは、プレーンノットに似た結び方です。違いは、プレーンノットの巻きを2重にします。 プレーンノットよりも少し結び目にボリュームを出したいときに最適です。
ウインザー公が流行らせたことで知られるウインザーノットは、手順が多少難しいものの、 ボリューム感のある結び目が作れます。ワイドな襟のシャツにあうノットです。
セミウインザーノットは、ボリュームが抑えられウインザーノットより簡単に結ぶことができます。 きれいな正三角形の結び目が作れます。幅広の襟口に適しています。
結び方へ結び方へ結び方へ結び方へ




プレーンノットは、最も一般的なネクタイ結び方(締め方)とされています。
どんなネクタイ、カラーにも適しています。
【スタート(各結び方共通)】
 大剣が左側、小剣が右側になるようにネクタイを
 首にかけます。
大剣を左前から小剣を一周させ、左側に持っていきます。
大剣をまた小剣の前を通し右側へ持っていきます。
大剣を下から上へ持っていき、首の下に出来た輪に通し、あごの辺りに出します。
大剣を下の輪に通し、下ろします。

上へ戻る




ダブルノットは、プレーンノットに似た結び方です。違いは、プレーンノットの巻きを2重にします。 プレーンノットよりも少し結び目にボリュームを出したいときに最適です。
【スタート(各結び方共通)】
 大剣が左側、小剣が右側になるようにネクタイを
 首にかけます。
プレーンノットのSTEP1・2と同様、大剣を小剣に巻きつけ、一周させます。
さらにもう一周巻きつけます。
大剣を上に持っていき、首の下に出来た輪に通し、あごの辺りに出します。
大剣を下の輪に通し、下ろします。

上へ戻る




ウインザー公が流行らせたことで知られるウインザーノットは、手順が多少難しいものの、
ボリューム感のある結び目が作れます。ワイドな襟のシャツにあうノットです。
【スタート(各結び方共通)】
 大剣が左側、小剣が右側になるようにネクタイを
 首にかけます。
大剣を右側に交差させ、下から輪の中を通し、あご下に出た大剣を小剣の後ろ側を通って、右側へ持っていきます。
大剣を上から輪の中を通し、右側へ持っていきます。
大剣を小剣の前を通って、左下から輪の中を通し、あごの辺りに出します。
大剣を下の輪に通し下ろします。

上へ戻る




セミウインザーノットは、ボリュームが抑えられウインザーノットより簡単に結ぶことができます。
きれいな正三角形の結び目が作れます。幅広の襟口に適しています。
【スタート(各結び方共通)】
 大剣が左側、小剣が右側になるようにネクタイを
 首にかけます。
大剣を左側から小剣を一周させ、左側に持っていきます。
大剣を首の下に出来た輪に、上から通し左側に出します。
大剣を右側へ移動させ、下から輪の中を通しあごの辺りへ持っていきます。
大剣を下の輪に通し下ろします。

上へ戻る




営業日カレンダー

  • 2017年11月

          1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30    
  • 2017年12月

              1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31            
  • お問い合わせ、発送ともにお休みいたします
    発送のみお休みいたします

Copyright(C)2011 BRAND NOW All Right Reserverd.