米ひば(ベイヒバ)とは、カナダ桧の通称で、カナダ・アラスカに自生する檜科の樹種で、米ひば(Yellow Cypress) (Yellow cedar) (Alaska Yellow cedar)は、南部アラスカからカナダのブリティッシュ・コロンビア州の海岸地方一帯、またアメリカのワシントン州の、海岸近くから海抜約900mの標高の高い土地に分布している樹木です。  
 色は、淡黄褐色の赤身が、アラスカは白っぽく、カナダは黄色っぽい感じです。  青森ヒバと、臭いや効能がとてもに似ているので "米ヒバ" と呼ばれていますが、ヒバ科ではなく桧科の木材です。  硬さは、国産檜(ひのき)と同じぐらいで加工しやすく、社寺材でよく使われます。  出雲大社や讃岐金刀比羅宮などでも使われています。  
 米ひば(ベイヒバ)は、低毒性のヒノキチオール(不飽和七員環化合物)が含まれているため、耐腐朽性に優れ白蟻にも抵抗力を持っています。  また寒い地域(-10℃以下)の木は含水率(「木」自体の水分量)が高いと寒期には水分が凍り膨張して木が裂ける為、 元々含水率が低いのが特徴です。   健康に良い木材ということで、西日本の保育園や老人ホーム・児童施設などでも使わており、中国・四国・九州地方では、住宅用木材としても広く使われております。遠方では、北海道・埼玉・沖縄への小口配送経験もございます。

営業日カレンダー

定休日

  • 2020年8月

    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31
  • 2020年9月

    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30
プライバシー - 利用規約 - 免責事項 - 無料でお店を開こう! - ヘルプ・お問い合わせ
Copyright (C) 2020 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.