1. 美髪倶楽部 > 
  2. ネイル > 
  3. ネイルチップ
ネイルチップについて
ネイルチップは取りはずしができる付け爪で、両面テープやネイル用粘着剤(ネイルグルー)などで貼り付けて使います。
仕事や育児などで、普段爪が伸ばせない人にオススメです。
また、接着方法によっては繰り返し使用できるので経済的です。

一般的にネイルチップの装着方法は大きく分けて3つあります。

両面テープ
・水に弱く、外れやすいが自爪を痛めにくい
・チップを繰り返し使用できる


ネイル用接着剤(ネイルグルー)
・かなり強力に接着される為、多少の衝撃では外れにくいが、外す時に時間がかかる
・チップを外す為に専用のリムーバー(アセトン)が必要な為、チップの再利用ができない
 また、チップを外す際に自爪を傷めてしまう可能性がある


ネイル用粘着剤(ワンタッチネイル)
・両面テープより外れにくく、ネイルグルーより外しやすい
・チップを繰り返し使用できる


※美髪倶楽部ではネイル用粘着剤(ワンタッチネイル)のお取り扱いはございません。

ネイルチップを購入するならこちらから


ネイルチップの装着方法

STEP.1
ネイルチップを自爪に乗せ、甘皮のラインとチップのカーブが合うサイズを選びます。
サイズが合わないものは、ファイル(やすり)で削りましょう。
一気に削ると修正ができなくなるので、少しずつ削ってサイズを調整します。

※チップのカーブが合わない場合、ドライヤーでチップをあたためながら付けると密着しやすくなります。

ファイルを購入するならこちらから


STEP.2
自爪の長さを整えたら、コットンにエタノールを染み込ませ、爪の表面の汚れや油分を拭き取ります。
自爪はできるだけ短く整えたほうが美しい仕上がりになります。


STEP.3
● 両面テープの場合
爪のサイズに合わせて両面テープをカットします。
又はチップに両面テープを張ってもOKです。
接着力を損なわない為にも、何度も貼り直したり、接着面を触らないように注意しましょう。

両面テープを購入するならこちらから


● ネイルグルーの場合
爪のサイズに合わせてグルーを塗布します。

ネイルグルーを購入するならこちらから

爪の根元からネイルチップを貼り付けたら空気を抜くように密着させ、固定するまでしばらくチップの上から抑えてください。
時間が経つほど接着力が強化されますので装着後しばらくは無理な力を加えないよう気をつけましょう。



ネイルチップのはずし方

両面テープの場合

STEP.1
洗面器などにぬるま湯を入れ、しばらく指を浸します。
両面テープがふやけて粘着力が弱くなります。

STEP.2
オレンジウッドスティックを爪の根元側のネイルチップの間に差し込みながらゆっくりと丁寧にはずしていきましょう。
爪に両面テープなどが残った場合は、指でやさしくこすりながら落とします。

オレンジウッドスティックを購入するならこちらから

STEP.3
ネイルチップをはずした後は爪が乾燥しているので、キューティクルオイルやハンドクリームなどで保湿しておきましょう。

キューティクルオイルを購入するならこちらから



ネイルグルーの場合

STEP.1
先端の長さをチップカッターでなるべく短くカットします。

STEP.2
マニキュアボールにアセトンを入れ、10〜15分間爪を浸します。
又は、アセトンを染みこませたコットンを爪に乗せ、その上からアルミホイルで巻き15分くらい待ちます。

STEP.3
ふやけたチップをオレンジウッドスティックを使って取り除きます。1度で取りきれない場合は再度アセトンにつけます。

STEP.4
ファイルで爪の形を整えキューティクルオイルやハンドクリームなどで保湿しておきましょう。




ご使用上の注意

服や靴の脱ぎ着をする時はどうしても親指の爪に力が掛かってしまいがちです。
チップが外れてしまったり服やストッキングなどに引っ掛けて服を傷めてしまう恐れもありますのでご注意ください。

ネイルチップに衝撃が加わったり、無理なチカラが加わって外れてしまう場合もあるので、
予備のチップと両面テープを携帯することをおすすめします。

長時間、水に触れる場合はチップが極端にはずれやすくなる他に、
チップと自爪の間の水分が抜けきらないまま長期間放っておくと、 自爪にカビが繁殖してしまう原因に
なりますのでご注意ください。

ネイルチップ

価格帯
  • 円〜

絞り込み条件を開く

shoppingguide