奈良市で50年のドラッグストアです。






営業日カレンダー

定休日

  • 2020年2月

    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
  • 2020年3月

    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31
お問い合わせ
株式会社タケダドラッグ
奈良市三条添川町5番40号

◇店舗連絡先:
TEL:0742−33−7201 FAX:0742−36−8755


特定販売届出書の情報
許可番号及び年月日:第MN0033号 平成29年10月28日
店舗の名称:バンブスドラッグ
所在地:奈良市三条添川町5−40

販売方法の概要
広告方法:インターネット、電話 郵送方法:郵便・宅配便・直接配送
届出年月日:2016年2月29日
届出先:奈良市保健所長
緊急連絡先 :0742−33−7201
営業時間:10:00〜18:00(月〜土)
定休日:日曜祝日

返品について
●お客様のご都合による返品は、未開封未使用のもので商品到着後7日以内に限りお受けいたします。その場 合の往復送料はお客様にてご負担願います。
●不良品の場合は良品と交換させて頂きます。また、ご希望により代金をお返し致します。不良品の返品送料 は当社が負担致します。
発送
当店ではご注文をいただいてから通常1〜7日以内までには商品をお届けします。返品、交換のご依頼は商品 到着後7日以内に、まずメールにてご連絡下さい。お電話ではその場でご注文内容の確認ができません。メー ルをいただいた後、内容を確認の上、返品手続きと代金の処理方法をご案内させていただきます。

店舗の管理及び運営に関する事項
許可区分:店舗販売業
許可番号 第MN0053号  
名称 株式会社タケダドラッグ
店舗の名称 バンブスドラッグ
所在地:奈良市三条添川町5番40号
許可年月日:平成29年10月28日
有効期間:平成29年10月28日〜令和5年10月27日  
店舗管理者の氏名: 竹田 年男 
店舗に勤務する登録販売者
  森田 善之 :販売管理全般 月火木金土
佐藤 真介 :販売管理全般 火木金土
浅田 充啓 :販売管理全般 日月土
浅田 年宣 :販売管理全般 日水木金土
西  宏文 :販売管理全般 月火水金土
服部 毎亜 :販売管理全般 火水木金土
田村 憲司 :販売管理全般 月火水土
内林 哲也 :販売管理全般 月火木金土
   何れもシフト制により10時〜21時の時間帯で勤務対応中
店舗に勤務する薬剤師:竹田年男 月〜土 10時〜

  取り扱う一般用医薬品の区分:第一類医薬品・指定第二類医薬品・第二類医薬品・第三類医薬品
担当業務:販売管理全般
当該店舗に勤務する者の名札等による区別に関する説明
:登録販売者(着衣:短丈の白衣・名札:氏名及び登録販売者と記載)
:薬剤師(着衣:長丈の白衣・名札:氏名及び薬剤師と記載)
営業時間:10:00〜21:00
営業時間外で相談できる時間:なし
特定販売の注文受付時間:24時間
特定販売の注文のみ受け付ける時間:18:00〜10:00
医薬品については、使用期限が6か月以上のものを販売いたします。

一般用医薬品の販売に関する制度に関する事項

要指導医薬品、第一類医薬品、指定第二類医薬品、第二類医薬品、 第三類医薬品の定義及びこれらに関する解説
要指導医薬品
<一般用医薬品としてリスクが確立していない医薬品>
・その効能及び効果において人体に対する作用が著しくないものであって、薬剤師その他の医薬関係者 から提供された情報に基づく需要者の選択により使用されることが目的とされているものであり、かつ、その 適正な使用のために薬剤師の対面による情報の提供及び薬学的知見に基づく指導が行われることが必要なもの として、厚生労働大臣が薬事・食品衛生審議会の意見を聴いて指定するもの。
第一類医薬品
<特にリスクの高い医薬品>
・その副作用等により日常生活に支障を来す程度の健康被害を生ずるおそれがある医薬品であって、そ の使用に関し特に注意が必要なものとして厚生労働大臣が指定するもの。
・新一般用医薬品として承認を受けてから厚生労働省令で定める期間を経過しないもの。
指定第二類医薬品
・第二類医薬品のうち、特に注意を要するものとして厚生労働大臣 が指定するもの。
第二類医薬品
<リスクの比較的高い医薬品>
・その副作用等により日常生活に支障を来す程度の健康被害を生ずるおそれがある医薬品であって厚生 労働大臣が指定するもの(第一類医薬品を除く)。
第三類医薬品
<リスクが比較的低い医薬品>
・第一類及び第二類以外の一般用医薬品(日常生活に支障を来す程度ではないが、身体の変調・不調が 起こるおそれがあるもの)。
要指導医薬品、第一類医薬品、指定第二類医薬品、第二類医薬品、 第三類医薬品の表示 および情報提供に関する解説
【医薬品の表示について】
・医薬品パッケージ及び添付文書に下記リスク区分を表示します。
要指導医薬品は《要指導医薬品》
第一類医薬品は《第1類医薬品》
指定第二類医薬品は《第[2]類医薬品》※
第二類医薬品は《第2類医薬品》
第三類医薬品は《第3類医薬品》
※指定第2類医薬品の「2」の表記は、四角または丸に囲まれた2で表示されます。

【医薬品の情報提供について】
・要指導医薬品の販売には、薬剤師による情報提供の義務があります。
・第一類医薬品の販売には、薬剤師による情報提供の義務があります。
・第二類、指定第二類医薬品の販売には、薬剤師、又は登録販売者による情報提供の努力義務がありま す。
・第三類医薬品の販売にあたっては、相談があった場合の応答の義務があります。
・弊社宛に相談があった場合には登録販売者が対応します。
対面販売における要指導医薬品・第一類医薬品の陳列に関する解説
・鍵をかけた陳列設備又は購入者等が直接手の触れられない陳列設 備(周囲1.2m内に購入者等が入れない措置が必要) である、要指導医薬品陳列区画内の内部の陳列設備に陳列します。 ただし、陳列設備その他医薬品を購入し、若しくは譲り受けようとする者又は医薬品を購入し若しくは譲り受 けた者若しくはこれらの者によって購入され、 若しくは譲り受けられた医薬品を使用する者が直接手の触れられない陳列設備に陳列する場合は、この限りで はありません。
指定第二類医薬品の販売サイト上の表示に関する解説および禁忌の 確認・専門家への相談を促す表示
・指定第二類医薬品の商品ページには商品名に『第(2)類医薬品』 と表記します。
・指定第二類医薬品は、使用上の注意、してはいけない事や相談することを商品ページ内に表示し、注 意喚起を促します。
一般用医薬品の販売サイト上の表示に関する解説
・当ショップでは、指定第二類医薬品・第二類医薬品・第三類医薬 品を取扱います。
・当該商品ページには「第(2)類医薬品」「第2類医薬品」「第3類医薬品」と記載します。
医薬品による健康被害の救済に関する制度に関する解説
・医薬品(病院・診療所で投薬されたものの他、薬局で購入したも のも含みます。)を適正に使用したに もかかわらず副作用により、入院治療が必要な程度の疾病や障害等の 健康被害を受けた方の救済を図るため、医療費、医療手当、障害年金などの給付を行う制度が「医薬品副作用 被害救済制度」です。

(独立行政法人 医薬品医療機器総合機構ホームページより抜粋)
<救済制度についてのご相談および詳細は・・・>独立行政法人 医薬品医療機器総合機構

■ 救済制度相談窓口
電話番号:0120-149-931(フリーダイヤル)
受付時間:[月〜金] 9:00-17:30(祝祭日・年末年始を除く)
E-メール:kyufu@pmda.go.jp

販売記録作成にあたっての個人情報利用目的
・お客様からいただいた個人情報は商品の発送とご連絡以外には一 切使用致しません。
・当社が責任をもって安全に蓄積・保管し、第三者に譲渡・提供することはございません。
プライバシー - 利用規約 - 免責事項 - 無料でお店を開こう! - ヘルプ・お問い合わせ
Copyright (C) 2020 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.