スコッチのセレクトショップ。 現行品はモチロンのこと、1970年〜2000年の終売品も取りそろえて行きます。 品物は、主にイギリス、ドイツ、イタリアから輸入しております。 なかなか手に入らない逸品をこの機会に!

  1. Spirits Bacchus Barrels >
  2. Single Malt whisky /... > 
  3. Islay Malt / アイラ島
Argyll-Hebrides

古代ギリシャ人にとって、ヘブリディーズ諸島は北風の遙か向こうにある神話の土地であった。

ヴァイキングにとってこれらの島は遠く離れた謎の国であった。 エキゾチックで恐ろしい土地かもしれないが、平和と実りを表すとも考えられていた。

ゲール人のScotii族にとって、ヘブリディーズ諸島は「アーガイル」と発音したOirthir Gaidheal=「ゲールの海岸」であった。
中世の全盛期には、ヘブリデス諸島、特にアイラ島は刀とロングボートでスコットランドの西海岸と島を支配していたバイキング・ゲール・ウォリアーのロード・オブ・アイラのホームグラウンドであった。
荒れた海、8ノット(おおよそ時速15km)の潮流、とぐろを巻く渦、隠れた珊瑚礁、大西洋の嵐によって隔離された、頑固で誇り高く、荒々しい、情熱的で迷信に生きるゲールとバイキングの血の強力な組み合わせは、この島が分離されてもなお、国のままであることを決定した。

To the ancient Greeks the Hebrides were a mythical land beyond the morth winds.

To the Vikings these islands were far-off lands of mystery. Exotic and fearsome perhaps, but also believed to represent peace and fulfilment.

To the Gaelic Scotii tribe the Hebrides were, “The Coast of the Gaels”, Oirthir Gaidheal, pronounced “Argyll”.

In its medieval heyday the Hebrides, and Islay specifically, were the home of the Lords of the Isles ? Viking-Gaelic warriors who ruled the west coast and islands of Scotland by sword and by longboat.
This powerful mix of Gael and Viking blood ? a stubborn, proud, tough, volatile, passionate and superstitious people ? isolated by rough seas, eight knot currents, vicious whirlpools, hidden reefs and Atlantic storms, has determined that this island has remained a land apart.
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
195件中
1〜20件
Port Ellen LAPHROAIG
Islya's Distilleries
Click on name to access page.

タイトル画像

営業日カレンダー

定休日

  • 2020年1月

    1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31
  • 2020年2月

    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29