1. 誕生日プレゼント専門店 Ciao! >
  2. 三大貴石(ルビー、サファイア、エメラルド)ジュエリー特集
三大貴石(ルビー、サファイア、エメラルド)ジュエリー特集
「三大貴石って?」-よく三大貴石とか四大貴石って聞くけど、他の宝石と違うの?-

宝石の世界には「貴石(プレシャス ストーン)」「半貴石(セミ プレシャス ストーン)」という言葉があります。
「PRECIOUS」=「貴重な、大切な、かけがえのない」と言う意味を持つ宝石をあらわしています。
いろいろな辞典でも、「希少性のあるもの」「価値の高い宝石」「美しく宝飾として高い評価をされる宝石」と、どれも特別な意味のある宝石として貴石の説明が書かれています。
そもそも宝石とは「美しく、希少性があり、耐久性があること」が定義としてあり、その中でも、鉱物の硬さ(傷のつかなさ)を10段階であらわすモース硬度が7以上の宝石を貴石、7以下の宝石を半貴石と呼んでいます。
貴石の中でも特に硬く価値が高いルビー(硬度9)、サファイア(硬度9)、エメラルド(硬度8)を三大貴石と呼び、そこに宝石の王様ダイヤモンド(硬度10)を加え四大貴石と呼ばれることもあります。
確かに、ダイヤモンドはもとよりルビー、サファイア、エメラルド… どれも心を奪われるほど美しい輝きを放ち、特別なオーラを纏っていますよね。


「ルビー/Ruby」-艶やかで官能的な華やかさも持つ、宝石の女王 7月の誕生石-

宝石の女王とも呼ばれ世界中で愛されるルビー。女性なら誰もが憧れる宝石の一つですよね。
よく見る宝石なので、希少だと思われないかもしれませんが、世界中で人気なので品質の高いルビーは非常に希少なんです。
赤く美しいルビーは色気の中に垣間見れる愛らしさが女性の魅力を最大限に引き出してくれる宝石です。

ルビーのジュエリーをもっと見る。
「サファイア/Sapphire」-凛とした気品溢れる艶やかさを持つ9月の誕生石-

サファイアの深青は、青色が持つ「爽やか、清楚」なイメージに艶やかさを加えた気品溢れる大人のブルー。
その吸い込まれそうなほど深く美しいブルーカラーは古代より愛され続ける誰もが憧れる宝石。
貴石ならではの輝きと眩いほどのテリが大人の女性をさらに美しく魅せてくれる宝石です。

サファイアのジュエリーをもっと見る。
「エメラルド/Emerald」-人目を惹きつける鮮やかなグリーン 5月の誕生石-

鮮やかなグリーンはいつの時代も人々を魅了し、あのクレオパトラも愛用したと言われているエメラルド。
見る人を惹きつける鮮やかなグリーンは、癒されるほど柔らかな色合いが女性の心を魅了する圧倒的な気品と美しさ。
実は日本人の肌にはとても美しく映えるとっても人気の宝石なんです。

エメラルドのジュエリーをもっと見る。
「ダイヤモンド/Diamond」-鮮烈で美しい輝きを放つ4月の誕生石-

誰もが知っている宝石の王様ダイヤモンド。小さくても鮮烈な輝きを放つのはダイヤモンドだけかもしれません。
いくつになっても自信をあたえ続けてくれる最高の輝きは、女性を一瞬にエレガントで美しい存在に魅せてくれます。
エンゲージリングの定番でもあるように、永遠の愛を象徴するダイヤモンド。女性へのプレゼントで必ず喜んでもらえる宝石です。

ダイヤモンドのジュエリーをもっと見る。