プリザーブドフラワーとアートフラワーのアレンジメント専門店(あやなす はなこうぼう)です。 細部まで丁寧に創り込むことにこだわり、シックで落ち着いた色合いと、スタイリッシュなデザインのフラワーアレンジメントは、日常の様々なシーンを印象的に飾ります。 手にして下さったすべての人に感動と喜びをお届けできるよう、一点一点心をこめて創りあげています。

大切な方のお誕生日のギフトに。お世話になった方へのお礼に。
ご結婚お祝いに、またはそのお返しに。
開店祝い・引っ越し祝いなどのギフトに。
さまざまな、贈る気持ちに花を添えて・・・

  1. Ayanasu花工房 Yahoo!店 >
  2. Flower Design 用語集 (ア行〜サ行)
参考文献:講談社「フラワーデザイナー資格試験テキスト」:六耀社「フラワーデザイナーのための用語集」
ア行
アウトライン

フラワーデザインではアレンジメントや花束の外側の花材で形づくられる輪郭のこと。アレンジする際、花材の種類やサイズ分量など大まかな構想をするという意味でも使われる。

アシンメトリー

フラワーデザインでは左右非対称のデザインを意味する。

アーティフィシャル・フラワー(アートフラワー)

布やリボン、紙などの素材で人工的に創った花のこと。シルクフラワー、ワックスフラワーなど。ディスプレイの装花として人気がある。

いちしょうてん/ 一焦点

全ての植物の茎が集中する一点のこと。自然に即さない構成法。アレンジした時は、フローラルフォームの中になるが、花束の場合は束ねの位置を指す。

 
いちせいちょうてん/ 一生長点

球根から茎が出るようにすべての植物の茎が一つの出発点からでているような構成を指す。自然に即する構成法。アレンジした時は、器の下に想像上の一生長点があるように挿すと自然な感じになる。

インソーション・メソード

茎にワイヤーを挿し込んで留める方法。ワイヤリングメソッドの1つで、茎の内部が柔らかい花や空洞になっている花に用いる方法。茎にワイヤーを差し入れ、自由に茎を曲げたりまっすぐにのばしたりする。

ヴァーティカル

「垂直形」フラワーアレンジでは垂直に構成するアレンジメントのこと。縦に伸びる線がうつくしいほっそりした造形。シンメトリーで180度展開。

ヴィクトリアン・ローズ/ ローズメリア

バラの花弁を重ねて、一輪の大きなバラを形成すること。英国のビクトリア王朝時代の華麗さを持つ大輪のバラのイメージから名づけられた。ローズメリアともいう。

エヌエフディー/ NFD

社団法人日本フラワーデザイナー協会。 Nippon Flower Designer's Associationの略。

エルシェイプ

L字型に構成するライン・アレンジメント。アシンメトリーで180度展開。Lパターンともいう。

オーヴァル

楕円形のアレンジメントやブーケ。アウトラインが楕円形になるようにシンメトリーに構成される。底部が膨らんだ卵型が一般的。

オールラウンド・デザイン

四方見のデザイン。360度に構成したデザインのこと。どの角度から見ても花の造形性が感じられる作品。

カ行
かき/花器

花をいける器。陶磁器製、竹製、木製、ガラス製、などがある。形はさまざま。

カバーグリーン

ファンデーションを隠すための葉の呼称。和製英語。

カラーハーモニー

美的な快感のある色と色の組み合わせ。配色。

キャスケード・ブーケ

懸垂形に構成したブーケ。キャスケードとは、「滝」の意。滝のように流れるラインが特徴のブーケ。

きゅうすいせいスポンジ/ 吸水性スポンジ
 フラワーアレンジメントのファンデーションの一種。水を吸水させて花を挿す。吸水性と保水性が高く、アレンジする大きさに合わせて自由にカットして使う。どの方向からでも挿すことができる。フローラルフォーム。
グリーン

「葉」。時に枝物を呼ぶこともある。グリーンのみで構成するものをグリーン・ブーケ、グリーンアレンジなどという。

グル―・ガン

スティック状のプラスティック製の糊を溶かして使うためのヒーターのついた器具。熱で溶かしながら使用する。熱に弱いものを除いてあらゆるものに使える。

グルーピング

集合体を配合、配置すること。フラワーデザインでは、同じ花、葉などをまとめて配置することをいう。異なる強さの2つ以上のグループの配置による構成。色をまとめる、種類でまとめる、などがある。

クロス・メソッド

十字留め。ワイヤリングメソッドの一つで、茎に対して直角に2本のワイヤーを十字にさしとおし、曲げおろすこと。

コーン

円錐形に造形されたアレンジメントの総称。

こうさ/交差

配置法の一つ。さまざまな生長点や焦点からでた植物が自由な角度で交わる造形。少ない花材で大きなデザインを可能にした。

こうぞうてき/構造的

構造を表現したもの、または構造を土台としてつくったもののこと。

コサージ

衣服や体に直接または間接に飾るちいさな花束の総称。髪、肩、胸、手首、足首など、帽子、バッグ、靴などにもつけることができる。

サ行
ざいしつかん/材質感

構造的構成のひとつで、材質感を主にした形態のこと。できるだけ単色の色合わせにして、植物をグルーピングしたり微妙な段づけや角度づけをして材質感を表現する構造のこと。

さんぽうみ・三方見

180度展開で、片方に花の正面性がある。正面と左右の三方から見るアレンジ。

しぜんてき/自然的

自然らしい様。フラワーデザインでは、造形のイメージとして、植生的なものや景観的なものをさす。

しほうみ/四方見
 360度展開でどの方向から見ても花の正面性があるもの。
じまきワイヤー
 スティールのワイヤーに紙が巻かれている状態のワイヤー。滑りにくく、ワイヤーが見えてしまうときに使う。
しょくせいてき/植生的
 植物が自然に生長する姿を尊重した配置や構成。背の高いものは高く、下草のように低いものは低く構成する。
シンメトリー
アシンメトリーの反対語。フラワーデザインでは左右対称を意味する。
スタイロフォーム
 発泡スチロールよりも組織が粗くできており吸水性はない。アーティフィシャルフラワーなどのアレンジメントのファンデーションに用いられる。
スパイラル
 らせん状。フラワーデザインでは、花束の束ね方の技法。茎をらせん状に束ねることで手の大きさを超えた大きな花束を束ねることができる。  
スプレイさき/スプレイ咲き
 1本の主茎から複数の花茎をだし、小輪の花を数個つける種類のこと。
せいちょうてん/生長点
植物の特性を重視して、自然に即する作品の植物の起点のこと。すべての茎が一つの起点から出ているものを一生長点という。それぞれの茎が独立した起点からでているものを複数生長点という。
セキュアリング・メソッド
補正・補強・保護の方法のこと。ワイヤリング・メソッドの1つ。巻きつけることで折れやすい茎を保護したり、曲がりをなおしたりする。
そみつかん/疎密感

まばらなところと、密集しているところがあること。フラワーデザインテクニックのひとつ

タ行〜ハ行>>

マ行〜ワ行>>

お支払方法について
  ● 各種クレジット決済
  ● 代金引換え
  ● 銀行振込(前払い)
  お支払方法の詳細はこちら
お届け・送料について
  ● 送料一律500円(北海道・沖縄を除く)
  ● ご注文確定後7営業日以内に発送致します。
  (配達日指定も可)
  お届け・配送料の詳細はこちら
返品・交換について
 

お届けした商品に万一不都合な点がございましたら、
まず商品到着後出来るだけ早くにメールにてご連絡ください。
折り返しこちらからご連絡させていただきます。

  発送ミスや不良品等、 弊社理由による場合、
弊社負担で返品・交換等で対応致します。
 
   
プライバシーポリシーについて
  お客様の個人情報は、お客様へのサービスの向上を目的として保管します。
お客様の情報は厳重に保管しますとともに、第三者への提供は一切致しません。
  プライバシーポリシーはこちら
   
   
ラッピング・梱包について
  ● 全商品ラッピングは無料です。
  ● メッセージカードは無料です。
  ● プリザーブド商品にはお取扱い注意カードをお付けします。
  ラッピング・梱包の詳細はこちら
問い合わせ先(メール宛先)
  Ayanasu 花工房
  〒550-0005大阪市西区西本町3-1-22-402
  Mail:yahooshop@ayanasu-hanakobo.jp
  Tel: 090-5054-8213
  (電話はつながらない場合があります、ご了承ください)
  営業日(受付時間)月〜金10:00〜17:00