1. あったあった ワインSHOP >
  2. 山梨県のワイナリー > 
  3. 甲州市 > 
  4. シャトー メルシャン
アルプスワイン

メルシャンの源流ともいえる「大日本山梨葡萄酒会社」は1877年に創立され、ここに国産ワインの幕開けが告げられました。それは、今から130年以上も前の事です。
その後世界に認められるワインづくりを行い、1966年に「メルシャン1962(白)」が国際ワインコンクールでわが国初の「金賞」を受賞。
それは世界が日本のワインを認めた瞬間であり、明治から脈々と息づくワイン造りへの情熱が結実した時でした。

「Growing Differences in the World(違いを生む)」というコンセプトを掲げ、日本のワインにしかできない個性追求しています。

シャトーメルシャンを通して、日本が世界的にも優れた個性を持ったワイン産地として認められること。
そして、日本ワインが、その生産国である日本において愛され、親しまれること。
それがメルシャンさんの目指すところだそうです。


また、ワインの味わいは、ブドウの質で殆どが決まるといっても過言ではないと言い、1970年代より「適品種・適所」の理念のもと、ブドウ品種に合った栽培地の選定を実施しています。

「はじめにブドウありき」を合言葉に、契約農家と一体になって栽培管理を徹底し「目指すワインに合ったブドウづくり」「ブドウの良さを引き出す醸造」を行ってきました。
その成果は、4県それぞれの風土を活かした産地の個性が際立つ質の高いブドウの育成と、「シャトー・メルシャン」ならでは味わい・キャラクターへとつながっています。
今後も全国各地でさまざまな品種・栽培の可能性を探り続け、日本の個性を追求していきます。

アルプスワイン

シャトー メルシャン

6件中 16件目