荒れ果てた遊休耕地から、ワイナリーへ

長野県塩尻市と諏訪市を結ぶ中山道の峠道。
その中ほどにあった遊休耕地を整備し、ブドウの樹を植栽したのが2011年。
2015年にはワイナリーとショップ&レストランが竣工。
同年秋には、初めてエステートワイン(自園原料100%)の仕込みを開始しました。
荒れ果てた耕作放棄地だった土地を、ワイン造りを通して、地域の環境保全と振興をおこない、
「次世代の子供たちに残したい美しい環境を育む社会にやさしいワイナリーをつくること」 を願い、名古屋市に本部を置く社会福祉法人サン・ビジョングループが設立したサンサンワイナリー。

この土地が魅せてくれる新しい「塩尻の魅力」

長野県のワイン産地で最も有名なのが「塩尻」。なかでも「桔梗ヶ原地区」は数多くの有名ワインを生み出しています。
サンサンワイナリーのある場所はその桔梗ヶ原よりも標高が高く800mの場所に位置します。
自社畑は傾斜が有り水はけの良い土壌。日照時間もとても長いため葡萄はしっかりと完熟し、平地よりも冷涼な気候のため赤ワインや白ワインはキレのあるワインへと仕上がります。
ですので、塩尻で栽培が盛んな「メルロ」も、この地では全く異なる顔を魅せてくれます。

徹底された『 美しいワイン造り 』

自社畑でワインとなる品種は「メルロ」「シャルドネ」「シラー」。
植栽当初は様々な品種を植え、収穫した葡萄を全て数値化し、この土地の気候でしっかりと完熟することができる適性品種を模索しました。
そのおかげで、現在でも栽培の続いている品種は全ての葡萄がしっかりと完熟し、高糖度の葡萄を収穫することにより、サンサンワイナリーでは全てのワインが「無補糖」で造られます。
そんな高品質な葡萄からワインを造り出すのが、山梨のマンズワインで醸造長を勤め、山辺ワイナリー、安曇野ワイナリーの立ち上げに立ち会った戸川英夫さん。取材時御年76歳。
ワインを造り続けて半世紀以上。大ベテランの醸造家です。
オフシーズンになると南半球へ飛びチリなどでワインを造ったり、フランスへ行きワインの勉強をするほどの情熱家。
そんな戸川さんが造るワインは『綺麗で美しいワイン。濁りがなく、輝りが有り、透明感を感じられるワイン』。
今流行りのビオ・ワインや、自然酵母、自然発酵などは一切行いません。
ろ過もしっかりとかけ、瓶内に菌が残り、再発酵や雑味がワインに残ることを許しません。
とにかくどうやって品質を安定させるか。
いかに綺麗に、そして瓶内での熟成に耐えうることのできるワインを造れるかを大事にしています。そのこだわりは熟成をさせる樽にも有り、自分がフランスで直接選んだ樽のみを使用するほど。海外でワインを学んだ戸川さんが人生の集大成として挑むサンサンワイナリーに要注目です。

サンサンワイナリー

6件中 16件目