1. あったあった ワインSHOP >
  2. ワインメニュー > 
  3. 赤ワイン > 
  4. ミディアムボディ > 
  5. 三養醸造 ふつうヤマソービニオン 750ml 赤ワイン 日本ワイン 国産 山梨(ヤマソーヴィニヨン)

配送に関するご注意 4/27から5/6まで休業。商品5/7より順次手配いたします

大きな画像を見る

[三養醸造 / Sanyo Wine]

三養醸造 ふつうヤマソービニオン 750ml 赤ワイン 日本ワイン 国産 山梨(ヤマソーヴィニヨン)

価格 1,836円 (税込)

東京都は送料750円

※条件により送料が異なる場合があります

手数料・送料・配送方法について

ポイントについて

18 ポイント獲得

ログインすると獲得できます。

プレミアム会員なら いつでもポイント5倍

初回登録の方は2カ月無料でお試し

最大倍率もらうと14倍

252ポイント獲得

ポイントの内訳を見る

最大でもらえるポイント

252ポイント (14倍)

5のつく日[アプリ利用で最大+4倍]
72ポイント (+4倍)
詳細を見る
5のつく日[アプリ利用で最大+4倍](アプリ利用)
36ポイント (+2倍)
詳細を見る
Yahoo!プレミアム会員限定!ポイント5倍!
72ポイント (+4倍)
詳細を見る
ソフトバンクなら ポイント+5倍キャンペーン
90ポイント (+5倍)
詳細を見る

今もらえるポイント

18ポイント (1倍)

通常ポイント
18ポイント (1倍)
  • ※一部獲得ポイント詳細に含まれないキャンペーンがあります。詳しくは各キャンペーンページをご確認ください。
  • ※進呈するポイントには、期間固定Tポイントを含みます。Yahoo! JAPAN、LOHACO、GYAO! 以外のサービスで利用できません。有効期限がありますのでご注意ください。
  • ※注文確認画面などで内訳をご確認ください。

よくあるご質問はこちら

  • ※進呈するポイントには、期間固定Tポイントを含みます。Yahoo! JAPAN、LOHACO、GYAO! 以外のサービスで利用できません。有効期限がありますのでご注意ください。

価格: (オプション代金込み)

数量

発送日情報なし(ストアに問い合わせる

商品をカートに入れる

選択肢を確認してからカートに入れるボタンを押してください
お気に入りに追加

この商品について問い合わせ

商品情報

銘 柄:ふつうヤマソービニオン
味わい:ミディアムボディ
  色:赤ワイン
 品種:ヤマソービニオン
産 地:山梨県
内容量:750ml

山梨県の南アルプス市の契約農家さんのブドウを使用。

ヤマソービニオンは山ぶどうとカベルネソーヴィニヨンの交配種です。

山ぶどう由来の酸が口中を引き締め、ジビエや豚肉を使ったお料理との相性が良いようです。

閉じる

再入荷通知設定

この商品に関するQ&A

情報を取得できませんでした

時間を置いてからやり直してください。

この商品について質問する

銘 柄
ふつうヤマソービニオン
味わい
ミディアムボディ
赤ワイン
ぶどう品種
ヤマソービニオン
産 地
山梨県
内容量
750ml
     

山梨県の南アルプス市の契約農家さんのブドウを使用。
ヤマソービニオンは山ぶどうとカベルネソーヴィニヨンの交配種です。
山ぶどう由来の酸が口中を引き締め、ジビエや豚肉を使ったお料理との相性が良いようです。

山葡萄らしい濃い紫色。

カシスやダークチェリー、野イチゴなどの果実の香り。

口に含むとフレッシュな果実に豊かな酸。
渋みはさほど感じられず、割とスルスルと飲めてしまう。


やはり山田さんらしいいい感じのワインに仕上げてくれています。
ヤマソーヴィニオンの荒々しさをうまくセーブしつつ、
酸味を綺麗に引き出したワインで、豚系の肉料理ととても相性が良さそう。
[ 2018/6/23 2016年産試飲 ]

独特の感性を持ちつつ作るワインはとても繊細

鬼才とよく呼ばれ事もある三養醸造の山田さん。

そのユニークな人柄とは裏腹に、造るワインは誠実そのもの。

その実力はジャパンワインチャレンジ2016で証明。

猫のラベルが可愛らしい「猫 甲州 2015」が見事銀賞を受賞。

ますます目が離せなくなってきています。

そんな三養醸造は、1933年から醸造が始まり、啓二さんで4代目。
「日本産」にこだわり、自社畑や地元牧丘のぶどうを中心にワイン造りをしている。
三養醸造の名前の由来は唐代の有名な漢詩,三養訓から。
和約すると,『 美味しい葡萄酒を飲んで楽しく生きよう 』という意味だそうです。

そのユニークな人柄か、鬼才と呼ばれることもあるようですが、

ワインにかける熱い情熱と、その栽培、醸造のセンスは天才と呼ぶ人も。


取材時に、「栽培や醸造ってどこかで勉強なさってたんですか?」

とお聞きしたら、


「すべて独学ですよ!

栽培は畑に出てれば葡萄が教えてくれる。

醸造は葡萄が語りかけてくることがあるんですよ!笑」



鬼才であり天才。

ワインにかける熱い情熱と誠実さが、今後も目を離せないド級のワインを生み出してくれることでしょう。


商品説明

掲載商品の情報について

  • 掲載している情報の精度には万全を期しておりますが、その内容の正確性、安全性、有用性を保証するものではありません。
  • 現在ご覧になっているページは、この商品を取り扱うストアによって運営されています。
    ページに記載されている内容や商品、ご購入に関するご質問は、直接各ストアにお問い合わせください。