くろさき茶豆が地理的表示保護制度に新潟で初めて登録されました

地元民が認める新潟の枝豆名産地「黒鳥産の黒埼枝豆」

くろさきは新潟県の北西部
朝どり発送鮮度が命

黒埼の枝豆は歯ごたえが特徴です。いろいろな食べ方がありますが塩茹でがおすすめ。

枝豆の茹で方
枝豆品種と出荷時期
出荷時期

品種

6月末〜7月頭 初だるま(甘みの強い品種)
7月初旬〜中旬 おつな姫(茶豆風味の枝豆)
7月中旬〜7月末 湯あがり娘(香高い茶豆風味)
7月末〜8月 くろさき茶豆

枝豆

8件中 18件目

価格帯
  • 円〜

絞り込み条件を開く

8件中
1〜8件

くろさき茶豆が地理的表示(GI)保護制度に新潟で初めて登録されました!
GIは地域で長年育まれた特別な生産方法によって、高い品質と評価を獲得している農林水産物・食品の名称を品質の基準とともに国に登録し、知的財産として保護する為の制度です。

 枝豆トップ
黒埼地図
「黒埼茶豆」(くろさきちゃまめ)は
7月下旬から8月上旬にかけて黒埼地区で出荷される茶豆です。
茶豆は枝豆の一種で見た目は普通の枝豆と同じですが、
香りが非常に豊かで特にゆでた時の甘い香りが特徴です。
薄皮が茶色なので茶豆と言われる由縁と言われます。
栽培が難しい品種ですが、良好な栽培技術で生産されたものは
中生の枝豆でこれほどの味と香りを持つ品種はないと言われ
新潟市の誇る名産品となっています。

特徴など
今では全国的にも有名になった「黒埼茶豆」。
サクッと砕ける歯ごたえとともに、優雅な甘味と芳醇な香りが口中に広がり、
醸し出される独特の風味深い甘み・コク、そして心地よい歯ごたえは一度食べたら
忘れることができない格別の美味しさで枝豆の王様とも言われます。
また、収穫時期の短さから新潟県内でも入手しにくい希少品で
「枝豆の新潟魚沼産コシヒカリ」と呼ばれるくらいです。
数ある枝豆品種のなかでも、特に甘味と香りに優れ、その美味しさから

ブランド名のように呼ばれ希少価値が高い逸品として定評があります。
枝豆の茹で方

<材料>
●枝豆 … 300g
●水  … 1.2リットル(お好み)
●塩  … 48g(お好み)

<手順>

1、水でしっかりもみ洗いをし、泥や汚れを落とし、塩で揉む
 塩の約3分の1の量を枝豆にふりかけ、
 両手をゴシゴシすり合わせて産毛を取ります。
 塩もみした後は、洗い流さずそのままお鍋に入れます。

2、お湯を沸騰させ、枝豆を入れる
 残りの分量の塩を入れて沸騰させ、
 塩がついたままの枝豆を沸騰したお湯に入れます。

3、強火で再度沸騰するまで茹でる
色が鮮やかになり香りがしてきたら
 つまんで硬さを確かめてください。

営業日カレンダー

定休日

  • 2020年8月

    1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 31
  • 2020年9月

    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30
プライバシー - 利用規約 - 免責事項 - 無料でお店を開こう! - ヘルプ・お問い合わせ
Copyright (C) 2020 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.