刃物鍛冶屋の安養寺屋 そして木登り器・昇降機器の藤井電工代理店です                
  1. 山林刃物・打ち刃物の安養寺屋 >
  2. 鉈の製造工程 鍬の先...
「安養寺屋って何のお店?」初めてネットをご覧になった方には分からないのでは・・・・ レッキとした鍛冶屋なんです。


越前片刃トビ鉈



 一枚の鉄板から刃物に仕上がるまでの工程は今も昔も変わりません。
    

↓完成 画像をクリック




クワの加工 鍬先掛け(ハガネ付)

 「サッカケ」とは、長年使い慣れて小さくなった農具・刃物をハガネを付け足して元通りに修復することを言います。昔は物が不足して何度も「サッカケ」して道具を大事にしたものです。
特に当店の鍬は、使いよく切れが良いので地元の人は自分に合った道具を「サッカケ」しては、長年愛用しておられます。









↓画像をクリック




木の皮むき(画像をクリック)



↓完成 画像をクリック



料理(文化)包丁の加工中


 
↓完成 画像をクリック



薪割り斧の加工中


地金(軟鉄)に鋼鉄を挟むための切り込みを入れるため、ベルトハンマー又は相方が“向こう槌”(大きなハンマー)で打ち込みます。





↓完成 画像をクリック


他の鍛造刃物各種紹介

鉈の製造工程 鍬の先掛 手造り鍛造品

価格帯
  • 円〜

絞り込み条件を開く