出品は、枝打ち両刃ナタ(今須型)で木鞘なしと木鞘付で出品しました

 最も代表的な今須型、先端の小なコブが刃欠け予防と手元が滑ったときの危険予防になります。
杉等の枝打ちに適し、鉈の重みで切り落とします。
枝打ちのコツは、初めは鉈を下から3分程打ち上げて、更に上から切り落とします。
そして切り口を鉈の背で叩くと、新たに芽が出てこないのです。



"> 木鞘は参考掲載です

竹を割ったり、削ったりするときに両刃が適しています。

竹をこそぎ削りには両刃サヤナタが便利です。


枝打ち鉈(今須型)、柄をすげないで保管しておきます。
は鉈も重いので柄も太めの樫柄をすげます。


柄の長さは長め又は短めを好む人様々で、220mmの長さの柄を180mm、200mm、220mmの3種を選択ください。記載がなければ当店にて適した長さをすげます。

 枝打ち鉈
柄の長さ 180・200・220mm 180・200・220mm 180・200・220mm 180・200・220mm 180・200・220mm
価格税込円 7,000 8,000 9,000 10,000 11,000



下記画像をクリックするとUチューブの動画がでます


(1)鉈の製造行程


(1) トビナタの火づくり製造工程・・・鍛造〜成形〜焼き入れ〜研磨〜柄すげ  
    
  

  

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

下記の画像をクリックすると当店作成のホームページに移動します。




★カートにご注文されてから後、買い物ボタンを押して買い物篭が複数になった場合、送料が2度払いにならないよう当店でまとめて修正いたします。ただし宅配業者に渡す前に限ります。


このカテゴリページへ

枝打ち両刃鉈(今須型) (ハマグリ刃型)

28件中 120件目

  1. 1
  2. 2