刃物鍛冶屋の安養寺屋 そして木登り器・昇降機器の藤井電工代理店です                
  1. 山林刃物・打ち刃物の安養寺屋 >
  2. 店長ご挨拶 店舗工房
創業120年、家業の刃物鍛冶「安養寺屋」の4代目です。

 〒912-0015 福井県大野市中挟3-1304  
         安養寺屋(あんようじや) 前(まえ)勇一郎 
               TEL・FAX:0779-66-2921
               Eメール:qqs89f4d@snow.ocn.ne.jp
                    qqqm46u99@shore.ocn.ne.jp

             
 昔とさほど変わらぬ火づくり・研磨作業に日夜務めている昨今、
開発商品として、父は「木登りガニ」を考案改良、枝打ちの際の木登りの便宜を図り、昇降器具のメーカーである兵庫県・藤井電工さんにて商品化し、全国に広がりつつあります。  又、大野市の里芋特産地から生まれた【芋掘り掘ったろう】は、「テコ」を利用した画期的な農業フィーク
「意匠登録」「商標登録」取得。
地道な仕事に従事ながらも「使い良い切れる刃物・道具・農具」に研鑽を積み重ねてまいります




  特に鉈や斧のような打ち出し鍛造品は、見た目は同じでも刃の厚みや形、柄の太さや握り具合等によって作業の善し悪しが変わってきます。
ネット販売でも形やサイズが分かるように掲載しております。



     
【芋掘り掘ったろう】「意匠登録」「商標登録」取得
昭和初期の仕事場


店長よりご挨拶 DVDについて

 当店、山間に囲まれた岐阜県よりの大野市では農業・林業が盛んで、初代は越前市(旧武生市安養寺町)にて明治後期より鉈、斧鍛冶屋して開業。

祖父は分家して需要の多い大野市へ。
越前打ち刃物として主に「トビ鉈」を、卸業者へ多数収めてまいりました。

 父は多く山仕事職人さんより「より使いよい木登り具を」との意見に耳を傾け長年にわたって研究、取り組んでまいりました。
そして開発商品「木登りガニ」が生まれ、多くの人から「楽に木登りができるようになった」と喜ばれ、もっと量産できれば山もきれいになり自然保護にも・・・・との思いから昇降機器の藤井電工さんにて商品化の運びとなりました。

 実際に現場での木登り(枝打ち)には経験もなく、何度も練習しては何とかビデオに収め、また山師の日頃話していた事をまとめ、素人だからこそ感じたままを収録しました。
より多くの人にメーカーの「木登り器FR-100」を知っていただき、参考になれば幸いです。
尚、昇柱器についても一緒に収録してあります。

当カテゴリの先頭画面へ

店長ご挨拶 店舗工房

価格帯
  • 円〜

絞り込み条件を開く