トマト苗 

価格帯
  • 円〜

絞り込み条件を開く

南アメリカのアンデス山脈高原地帯(ペルー、エクアドル)原産のナス科ナス属の植物です。
トマトの赤い色素「リコピン」には、生活習慣病の原因となる活性酸素を除去する働き"抗酸化作用"があります。
抗酸化作用は、メラニン生成を抑え、美白美肌をもたらします。
リコピンは、油と相性が良く、熱にも強いので炒めたり煮込んだりしても成分がそれほど減少する心配はありません。
一度にたくさん採れたら煮込んでソースやジュースにして楽しんでください。


種まき
一粒づつ手作業で種子をまきます。
ハウスの外は2mの雪です。
 
発芽の様子
毎回のことですが、芽が出るまで心配が続きます。
は種後、1週間くらいで発芽します。


鉢上げ
シシトウを移植しています。
箱に種をまき、1か月後にポットに植え替えます。
 
トマトの接木
128穴のプラグで35〜40日苗を育てたあと
台木と穂木を切断し器具でつなぎます。


なすの接木苗
器具でつないだ幼苗接木苗。
このあと養生床に移し1週間ほどで活着します。
 
養生管理
接木作業後、日光や温度、湿度を
調整した苗床で1週間管理します。


出荷間近の野菜苗
日光をたくさん浴びて健やかに育ちます。
温度低め、水控えめにして植付けに備えます。
 
接木苗の鉢上げ
活着した接木苗をポットに植え替えます。
トマト接木苗の鉢上げ作業
お買い物インフォメーション