ウリ類苗

価格帯
  • 円〜

絞り込み条件を開く

きゅうりの原産地はインド北部からネパールにかけてのヒマラヤ山麓。
古くから食用に栽培され紀元前4000年前にメソポタミアで盛んに栽培されていたと言われます。

スイカの原産地は南アフリカのカラハリ砂漠。今から4000年前、古代エジプトではすでに栽培されていたといわれています。
成分は95%が水分ということで、一見栄養的にはたいしたことがなさそうですが、意外に多くの栄養成分をバランスよく含んでいます。

メロンの原産地は、アフリカ大陸とする説が有力です。
南欧やエジプト方面に広まって改良されたものがヨーロッパ系メロンであり、中国に伝わって発達したものが東洋系メロンのマクワだと言われています。


種まき
一粒づつ手作業で種子をまきます。
ハウスの外は2mの雪です。
 
発芽の様子
毎回のことですが、芽が出るまで心配が続きます。
は種後、1週間くらいで発芽します。


鉢上げ
シシトウを移植しています。
箱に種をまき、1か月後にポットに植え替えます。
 
トマトの接木
128穴のプラグで35〜40日苗を育てたあと
台木と穂木を切断し器具でつなぎます。


なすの接木苗
器具でつないだ幼苗接木苗。
このあと養生床に移し1週間ほどで活着します。
 
養生管理
接木作業後、日光や温度、湿度を
調整した苗床で1週間管理します。


出荷間近の野菜苗
日光をたくさん浴びて健やかに育ちます。
温度低め、水控えめにして植付けに備えます。
 
接木苗の鉢上げ
活着した接木苗をポットに植え替えます。
トマト接木苗の鉢上げ作業
お買い物インフォメーション