コーヒーとお茶の総合専門店「ヨツヤコーヒー」
HOME 実店舗の紹介 お買い物ガイド(送料・お支払い) お問い合せ
  1. 四八珈琲 >
  2. コーヒー豆の挽き具合について
もっとおいしく楽しむために・・・
コーヒー豆の挽き具合講座
コーヒーの挽き具合は、挽いた豆の粒の大きさ(粒度)により呼び方が変わります。

挽いた豆の粒(メッシュ)は抽出時間と水温などの条件が同じ場合、粒(メッシュ)が細かければ細かいほど、コーヒーの成分は多く抽出されます。そのため粒(メッシュ)が細かくなると、渋み成分のタンニンなども同時に抽出してしまい、コーヒーの味を損なうことにもなります。抽出方法にもよりますが、一般的に、粗めに挽いた豆をたっぷり使った方が、雑味が出ず”まろやかな味わい”を楽しむことができます。








やはり挽き立てが一番美味しい!

豆のままでお届けして、ご自宅でご本人が豆を挽きます。
やはり挽き立てのコーヒー豆は、香りと風味が違います。本格的にコーヒーを楽しむ場合は「豆のまま」で注文して、ぜひご自宅で引き立てのコーヒーを楽しむことをオススメします。







酸味が強く、苦味、雑味が少ない

粒(メッシュ)は、市販のザラメくらいの大きさ。苦味が少なく、酸味がやや強まる挽き具合です。直接湯で煮出す抽出方法に適しています。







もっとも一般的な挽き具合

粒(メッシュ)は、市販のグラニュー糖くらいの大きさ。市販の粉コーヒーに最も多い一般的な挽き具合です。この粒の大きさを基準にすると、それぞれのコーヒーの美味しさの違いがハッキリとわかるでしょう。。







酸味が和らぎ、苦味が増す

粒(メッシュ)は、市販されている白砂糖と同じくらいの大きさ。水出しのウォータードリップコーヒーやドリップ式で苦味とコクを強調したい時にオススメの引き具合です。






配送料金

680 東京、神奈川、群馬、埼玉、栃木、千葉、茨木、岐阜、愛知、静岡、三重、滋賀、大阪、京都、兵庫、奈良、和歌山

780 新潟、福井、富山、石川、長野、山梨

880 香川、徳島、愛媛、高知

880 鳥取、岡山、島根、広島、山口

980 大分、福岡、佐賀、長崎、熊本、宮崎、鹿児島、青森、秋田、岩手、山形、宮城、福島

1180 北海道

1680 沖縄、離島エリア

クール便(冷凍・冷蔵)490


くわしく見る

お支払方法


くわしく見る

カスタマーサービス

お問い合わせ
四八珈琲カフェの紹介
ショッピングガイド
  お支払方法について
  配送料金について
  返品について
プライバシーポリシー
会社概要
HOME



四八珈琲は、GOJAPANと共同運営しています。