不動産鑑定士試験のスタンダード教材
実務修習・鑑定実務にも対応する基本書シリーズ
  1. イレブンBOOK >
  2. 不動産鑑定評価基準の... > 
  3. 不動産鑑定評価基準の解説書 改訂版(上下巻セット)

大きな画像を見る

商品情報

 不動産鑑定評価基準、留意事項について、詳細にわかり易く解説しています。
不動産鑑定評価はとても専門性の高い内容になります。本書のような基本解説書が今までにはなかったため、鑑定評価基準が試験内容とされる不動産鑑定士の受験生には試験勉強の一助となることでしょう。また、仕事で鑑定評価に関わる全ての方が、鑑定評価書の内容を理解する上で必要な情報も網羅されています。
 不動産鑑定士受験生や不動産鑑定評価書を見る機会のある方、全てのみなさまのお役に立てればと思います。
 鑑定に関するコラムでは、「不動産鑑定評価基準を読み解くコツ!」「新規地代を求める場合の基礎価格は底地価格?」「土地と建物の利回りは同じ?」「借地権の評価で底地を基礎価格とした場合の矛盾!?」「標準・関連付け・比較考量・参考の使い分け!」「一時金の支払いで借地権の価格はどう変わる?」などなど、なるほど感満載の情報を掲載しています。
 また、更地(商業地)と借地権付建物(住宅地)、貸家及びその敷地(商業地)と継続賃料(地代・住宅地)の鑑定評価書サンプルを掲載しており、実際の鑑定評価書をイメージしながら鑑定評価を理解できるように工夫しています。

不動産鑑定評価基準の解説。受験生必携!鑑定評価が理解できる!

不動産鑑定評価基準の解説書 改訂版(上下巻セット)

価格 7,700円 (税込)

配送情報

全国一律送料無料

※条件により送料が異なる場合があります

5営業日以内

※発送予定日はストアにお問い合わせください。

すべての配送方法とお届け日を確認する

閉じる

配送方法とお届け指定日

への配送方法を確認

配送方法 お届け情報
レターパック/エコ配

指定できません

※お届け先が離島・一部山間部の場合、お届け希望日にお届けできない場合がございます。

※ご注文個数やお支払い方法によっては、お届け日が変わる場合がございますのでご注意ください。詳しくはご注文手続き画面にて選択可能なお届け希望日をご確認ください。

※ストア休業日が設定されてる場合、お届け日情報はストア休業日を考慮して表示しています。ストア休業日については、営業カレンダーをご確認ください。

情報を取得できませんでした

時間を置いてからやり直してください。

閉じる

ボーナス等

1%獲得
77ポイント(1%)

ログインすると獲得できます。

あなたはまだYahoo!ショッピングで
PayPayを利用できません

最大倍率もらうと5%

231円相当(3%) ※

154ポイント(2%)

内訳を見る

PayPayボーナスライト

231円相当(3%)

Yahoo! JAPANカード利用特典【指定支払方法での決済額対象】

詳細を見る

77円相当

(1%)

プレミアム会員特典 +2% PayPay STEP

詳細を見る

154円相当

(2%)

Tポイント

154ポイント(2%)

ストアポイント

77ポイント

(1%)

Yahoo! JAPANカード利用ポイント(見込み)【指定支払方法での決済額対象】

詳細を見る

77ポイント

(1%)

  • ※対象金額は商品単価(税込)の10の位以下を切り捨てたものです。
  • ※ボーナス等の付与条件や算出方法は、キャンペーンごとに異なります。詳しくは対象のキャンペーン詳細をご確認ください。
  • ※キャンペーン名称の後ろに【指定支払方法での決済額対象】と記載のあるキャンペーンについては、商品単価ではなく決済額に対するPayPayボーナスライト付与となります。
  • ※条件により、上記PayPayボーナス、PayPayボーナスライト、Tポイントを獲得できない場合があります。
  • ※表示されている獲得率や付与額には、ヤフーカード決済限定またはPayPay残高決済限定のものが含まれている場合があります。表示されている獲得率や付与額は、支払方法の条件を満たす場合に適用されます。
  • ※各キャンペーンには「一定期間中の付与上限」があります。その付与上限を超えた場合、対象期間中は表示されている付与額では付与されません。
  • ※一部PayPayボーナス、PayPayボーナスライト、Tポイント詳細に含まれないキャンペーンページがあります。詳しくは各キャンペーンページをご確認ください。
  • ※獲得率の条件や付与上限の詳細は、各キャンペーンページにてご確認ください。
  • ※付与額確定までに、付与条件を満たさなくなる行為(注文・購入・予約のキャンセル、商品の変更等による取引額減少等)により条件未達成となった場合、当該キャンペーン・特典による付与は行われません。詳細はヘルプページでご確認ください。

よくあるご質問はこちら

  • ※獲得にはTポイント、PayPayボーナス(譲渡不可)、PayPayボーナスライト(譲渡不可・期間制限あり)のいずれかが含まれます。いずれを獲得できるかは「内訳を見る」をご確認ください
  • ※表示されている獲得率や付与額には、ヤフーカード決済限定またはPayPay残高決済限定のものが含まれている場合があります。表示されている獲得率や付与額は、支払方法の条件を満たす場合に適用されます。
  • ※各キャンペーンには「一定期間中の付与上限」があります。その付与上限を超えた場合、対象期間中は表示されている付与額では付与されません。
  • ※獲得率の条件や付与上限の詳細は、各キャンペーンページにてご確認ください。
  • ※付与率確定までに付与条件が未達成となった場合、記載の付与率では付与されません。詳細はヘルプページでご確認ください。

価格: (オプション代金込み)

数量

商品をカートに入れる

選択肢を確認してからカートに入れるボタンを押してください
お気に入りに追加

この商品について問い合わせ

手数料について

違反商品の申告をする

商品コード:K11-fs

発売日:2019/8/19

閉じる

再入荷通知設定

絞り込む:

  • 5.0

    2018年03月14日 00:39

    sky*****さん

    目から鱗

    これまでの講義やテキストが何だったのかというくらい分かりやすくかつ詳細に書かれており、 目から鱗が落ちまくりです。おかげで基準の各章の繋がりが体系的に理解でき 今まで理解していたと思っていた段階からもさらに2段階くらい理解が進んだと思います。 最後の鑑定評価書のサンプルもありがたかったです。著者の人柄の良さが伝わるテキストです。

  • 5.0

    2020年02月21日 11:25

    sei*****さん

    試験合格には欠かせない本だ。

    不動産鑑定士試験の勉強には欠かせない本だと感じました。 本試験、特に論文式試験で論述のポイントなる部分が詳細に解説されているようです。 合格前にこれを参考にしていればもっと早く合格できていたのに。。。

  • 5.0

    2018年05月30日 06:20

    tru*****さん

    読みやすいです。

    文章が自然に流れて行くので大変読みやすいです。説明も分かりやすく良書と思いました。行政法規でも分厚くなっても分冊でも良いので細かい問題もカバーし、かつ読みやすい本が出ると嬉しいですね。

  • 4.0

    2018年04月22日 18:31

    nas*****さん

    現時点はまだ余り見ていませんが、図解が…

    現時点はまだ余り見ていませんが、図解が多くわかりやすそうに思えます。

  • 5.0

    2018年01月30日 09:11

    wjg*****さん

    対応が早く感謝しております。内容も分か…

    対応が早く感謝しております。内容も分かりやすいです。

該当するレビューコメントはありません

情報を取得できませんでした

時間を置いてからやり直してください。

この商品に関するQ&A

情報を取得できませんでした

時間を置いてからやり直してください。

この商品について質問する

商品説明

 不動産鑑定士の著者が、これまでの実務経験、講師経験、実務修習指導経験を活かして不動産鑑定評価基準を解説。
 初心者でもわかりやすい目から鱗の解説書です。

【 著者紹介 】

 大島 大容 (おおしま だいよう)

1970年 大阪市生まれ。
1992年 大学在学中に不動産鑑定士第2次試験に合格。
1994年 早稲田大学卒業。
2000年 不動産鑑定士試験第3次試験合格し、同年不動産鑑定士登録。 (株)大島不動産鑑定設立。
2004年 おとわ不動産(株)を設立。
2013年  (株)イレブンを設立し、現在に至る。

【 掲載内容 】

〔総論〕

第1章 不動産の鑑定評価に関する基本的考察
 第1節  不動産とその価格
 第2節  不動産とその価格の特徴
 第3節  不動産の鑑定評価
 第4節  不動産鑑定士の責務

第2章 不動産の種別及び類型
 第1節  不動産の種別
   I  地域の種別
   II  土地の種別
 第2節  不動産の類型
   I  宅地
   II  建物及びその敷地

第3章 不動産の価格を形成する要因
第1節  一般的要因
   I  自然的要因
   II  社会的要因
   III  経済的要因
   IV  行政的要因
 第2節  地域要因
   I  宅地地域
   II  農地地域
   III  林地地域
 第3節  個別的要因
   I  土地に関する個別的要因
   II  建物に関する個別的要因
   III  建物及びその敷地に関する個別的要因

第4章 不動産の価格に関する諸原則
   I  需要と供給の原則
   II  変動の原則
   III  代替の原則
   IV  最有効使用の原則
   V  均衡の原則
   VI  収益逓増及び逓減の原則
   VII  収益配分の原則
   VIII  寄与の原則
   IX  適合の原則
   X  競争の原則
   XI 予測の原則

第5章 鑑定評価の基本的事項
 第1節  対象不動産の確定
   I  対象確定条件
   II  地域要因又は個別的要因についての想定上の条件
   III  調査範囲等条件
   IV  鑑定評価が鑑定評価書の利用者の利益に重大な影響を及ぼす場合における条件
設定の制限上
   V  条件設定に関する依頼者との合意等
 第2節  価格時点の確定
 第3節  鑑定評価によって求める価格又は賃料の種類の確定
   I  価格
   II  賃料

第6章 地域分析及び個別分析
 第1節  地域分析
   I  地域分析の意義
   II  地域分析の適用
 第2節  個別分析
   I  個別分析の意義
   II  個別分析の適用

第7章 鑑定評価の方式
 第1節  価格を求める鑑定評価の手法
   I  試算価格を求める場合の一般的留意事項
   II  原価法
   III  取引事例比較法
   IV  収益還元法
 第2節  賃料を求める鑑定評価の手法
   I  賃料を求める場合の一般的留意事項
   II  新規賃料を求める鑑定評価の手法
   III  継続賃料を求める鑑定評価の手法

第8章 鑑定評価の手順
 第1節  鑑定評価の基本的事項の確定
 第2節  依頼者、提出先及び利害関係等の確認
   I  依頼者並びに鑑定評価書が依頼者以外の者へ提出される場合における当該提出先及び鑑定評価額が依頼者以外の者へ開示される場合における当該開示の相手方
   II  関与不動産鑑定士及び関与不動産鑑定業者に係る利害関係等
   III  鑑定評価額の公表の有無
 第3節  処理計画の策定
 第4節  対象不動産の確認
   I  対象不動産の物的確認
   II  権利の態様の確認
 第5節  資料の収集及び整理
   I  確認資料
   II  要因資料
   III  事例資料
 第6節  資料の検討及び価格形成要因の分析
 第7節  鑑定評価の手法の適用
 第8節  試算価格又は試算賃料の調整
   I  各試算価格又は試算賃料の再吟味
   II  各試算価格又は試算賃料が有する説得力に係る判断
 第9節  鑑定評価額の決定
 第10節  鑑定評価報告書の作成

第9章 鑑定評価報告書
 第1節  鑑定評価報告書の作成指針
 第2節  記載事項
   I  鑑定評価額及び価格又は賃料の種類
   II  鑑定評価の条件
   III  対象不動産の所在、地番、地目、家屋番号、構造、用途、数量等及び対象不動産に係る権利の種類
   IV  対象不動産の確認に関する事項
   V  鑑定評価の依頼目的及び依頼目的に対応した条件と価格又は賃料の種類との関連
   VI  価格時点及び鑑定評価を行った年月日
   VII  鑑定評価額の決定の理由の要旨
   VIII  鑑定評価上の不明事項に係る取扱い及び調査の範囲
   IX  関与不動産鑑定士及び関与不動産鑑定業者に係る利害関係等
   X  関与不動産鑑定士の氏名
   XI  依頼者及び提出先等の氏名又は名称
   XII  鑑定評価額の公表の有無について確認した内容
 第3節  附属資料

〔 各論 〕

第1章 価格に関する鑑定評価
 第1節  土地
   I  宅地
   II  農地
   III  林地
   IV  宅地見込地
 第2節  建物及びその敷地
   I  自用の建物及びその敷地
   II  貸家及びその敷地
   III  借地権付建物
   IV  区分所有建物及びその敷地
 第3節  建物
   I  建物及びその敷地が一体として市場性を有する場合における建物のみの鑑定評

   II  建物及びその敷地が一体として市場性を有しない場合における建物のみの鑑定
評価
   III  借家権
 第4節  特定価格を求める場合に適用する鑑定評価の手法
   I  各論第 3 章第 1 節  に規定する証券化対象不動産に係る鑑定評価目的の下で、投資家に示すための投資採算価値を表す価格を求める場合
   II  民事再生法に基づく鑑定評価目的の下で、早期売却を前提とした価格を求める場合
   III  会社更生法又は民事再生法に基づく鑑定評価目的の下で、事業の継続を前提とした価格を求める場合

第2章 賃料に関する鑑定評価
 第1節  宅地
   I  新規賃料を求める場合
   II  継続賃料を求める場合
 第2節  建物及びその敷地
   I  新規賃料を求める場合
   II  継続賃料を求める場合

第3章 証券化対象不動産の価格に関する鑑定評価
 第1節  証券化対象不動産の鑑定評価の基本的姿勢
   I  証券化対象不動産の範囲
   II  不動産鑑定士の責務
 第2節  証券化対象不動産について未竣工建物等鑑定評価を行う場合の要件
 第3節  処理計画の策定
   I  処理計画の策定に当たっての確認事項
   II  確認事項の記録
   III  鑑定評価の依頼目的及び依頼者の証券化関係者との関係
 第4節    証券化対象不動産の個別的要因の調査等
   I  対象不動産の個別的要因の調査等
   II  実地調査
   III  エンジニアリング・レポートの取扱いと不動産鑑定士が行う調査
 第5節    DCF法の適用等
   I  DCF法の適用過程等の明確化
   II  DCF法の収益費用項目の統一等
 別表1
 別表2

Coffee Break
 1.  不動産鑑定評価基準を読み解くコツ!
 2.  不動産鑑定評価基準ってそもそもなに?
 3.  価格等調査ってなに?
 4.  一物三価? 一物四価?
 5.  不動産鑑定士までの道のり 〜 実務修習 〜
 6.  新規地代を求める場合の基礎価格は底地価格?
 7.  土地と建物の利回りは同じ?
 8.  収益還元法と積算法は表裏一体の関係ではない !?
 9.  契約減価はないけど、建付減価はある??
 10.  借地権の評価で底地を基礎価格とした場合の矛盾!?
 11.  標準・関連付け・比較考量・参考の使い分け!
 12.  一時金の支払いで借地権の価格はどう変わる?

不動産鑑定評価書 サンプル
 更地(商業地)
 借地権付建物(住宅地)
 貸家及びその敷地(商業地)
 継続賃料(地代・住宅地)

 資料1 不動産鑑定評価基準
 資料2 不動産鑑定評価基準運用上の留意事項

おすすめ商品

営業日カレンダー

定休日

  • 2020年10月

    1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 31
  • 2020年11月

    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30

information

お支払いについて
以下のお支払い方法がご利用いただけます。
・クレジットカード決済
       
・PayPay残高支払い
・Yahoo!マネー/預金払い
・銀行振込
・電信振替(ゆうちょ口座間送金)


詳しくはこちら

発送・送料について
全国一律送料無料
発送方法 : レターパックまたはエコ配

詳しくはこちら

お引渡し時期について
ご入金確認後、通常5営業日以内に発送いたします。
※年末・年始・ゴールデンウイーク中は多少遅くなる場合がございます。

予約商品につきましては、商品ページにて販売開始予定時期をご確認ください。
ご入金確認後、販売開始時期に入荷次第順次発送いたします。

詳しくはこちら

返品交換について
万一、お届けしました商品に間違いや不良がございましたら返品または交換させていただきますので、大変お手数ではございますが商品到着後3日以内にご連絡下さい。

お客様のご都合による返品・交換は、申し訳ございませんがお受け致しかねます。予めご了承下さい。

詳しくはこちら

(c)2017 11book

現在8人がカートに入れています

掲載商品の情報について

  • 掲載している情報の精度には万全を期しておりますが、その内容の正確性、安全性、有用性を保証するものではありません。
  • 現在ご覧になっているページは、この商品を取り扱うストアによって運営されています。
    ページに記載されている内容や商品、ご購入に関するご質問は、直接各ストアにお問い合わせください。
プライバシー - 利用規約 - 免責事項 - 無料でお店を開こう! - ヘルプ・お問い合わせ
Copyright (C) 2020 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.