アメリカには、約1000のワイン工場(ワイナリー)があります。
このうち約700のワイナリはカリフォルニア州にあり、アメリカで作られるワインの約90%を生産しています。

カリフォルニア州でワインが生産されたのは、およそ220年前、18世紀後半にスペイン宣教師がミサ用にワインを造ったのが始まりと言われています。
19世紀半ばのゴールドラッシュに合わせてぶどう栽培が拡大し、安価な大量生産ワインの供給地として成長しました。

カリフォルニア州はフランスよりも気温が高く、収穫期の秋に雨がほとんど降らないためブドウが完熟し、糖度も充分に高いです。
この様な恵まれた環境下でカリフォルニアワインは、世界中のワイン愛好家が絶賛する"果実味豊かな"ワインとなります。

カリフォルニアワインはフルーティで、ふっくらとしたフルーツの味わいが楽しめます。
口当たりがやわらかくて飲みやすいワインが 多いのが特徴です。

Copyright YAMASAN Wine Club All Right Reserved