■そろばんの選び方
そろばんは種類によって形が変わることはありませんが、使えば使うほど味がでて、愛着がわいてきます。
これから始めるに当たり、道具にこだわるのは大事なことです。その意味で、スタンダード23桁またはケース付そろばん23桁をお勧めします。正しく使うことで、一生のものとなります。但し、長くやるか分からない場合、予算がない場合は、プラスチックのものでも十分です。

■そろばんの価格の違いはどこにあるのか
そろばんは枠の材質・珠の材質、作る職人の腕のレベルにより価格が決まってきます。また、価格が高いそろばんほど、同じ樺玉でも幹の中心の樺玉を使います。
幹の中心になるほど古い年輪の部分になり、長く使っても狂いが少なくなるためです。

■取扱上の注意点は
そろばんは湿気を一番嫌います。そのため、濡れた手でそろばんを扱わないようにしましょう。また、使用後は乾いた布で拭いておくと次に使う時に使いやすくなっています。

そろばん

21件中 120件目

価格帯
  • 円〜

絞り込み条件を開く

  1. 1
  2. 2