ラウル・ペレス。

1972年生まれ、ビエルソの人口が百人にも満たないバルトゥイエ・デ・アバホ村出身。

実家は1752年からつづく葡萄栽培農家。

獣医を目指していたラウルだったが、ワインの道に変更しバレンシアの醸造学校でニコラス・サンチェス・ディアナ教授に師事、卒業後、実家のボデガであるカストロ・ベントーサを手伝いはじめる。

現在、スペインの新世代の生産者として、もっとも注目を浴びている醸造家と言っても過言ではないでしょう。

1998年にビエルソに強い関心を示していたリカルド・ペレス・アルバロと出会い、1999年にリカルドと彼の叔父であるアルバロ・パラシオス氏(スペインを代表する醸造家)に醸造所を貸し、彼らのワイン醸造に感銘を受け、ラウルのワイン造りも転換する。

そしてカストロ・ベントーサの名品、セパス・センテナリアスが生まれました。

規模が大きくなり、自分の思うワインができなくなってしまったため、2005年に実家のカストロ・ベントーサを辞め、ポンフェラーダ郊外に拠を構え、ボデガス・イ・ビネドス・ラウル・ペレスを旗揚げ、ここからウルトレイアというブランドのワインを2種類リリースしました。

現在、ラウル・ペレスは試験的なものもあわせるとスペイン各地で20ボデガぐらいのワイン造りに携わっています。ボデガス・エステファニアやアデガ・アルゲイラといったここ数年素晴らしいワインをつくっているボデガもラウル・ペレスが醸造コンサルタントをしているのです。



アメリカにラウル・ペレスのワインが輸出され、いきなりザ・ワイン・アドヴォケイトのスペインを担当するジェイ・ミラー氏がラウル・ペレスのワインに驚くべき評価をいたしました。

ウルトレイア・バルトゥイエ 98+P

ウルトレイア・サン・ジャック 93P

D.O.モンテレイでつくる

ア・トラベ・ティント 97P

ア・トラベ・ブランコ 93P

リベイラ・サクラでつくる

エル・ペカド 98P

リアス・バイシャスでつくる

スケッチ 93P

という高得点が与えられ、あっという間にアメリカで最も有名なスペインワインとして注目を浴びるようになりました。

バルトゥイエ、エル・ペカド、ア・トラベのポイントには本当に驚きました。この価格としては一番低価格なのでは。

ラウル・ペレスはスペインのマイナーなエリアや廃れてしまった葡萄品種の再生に非常に力を入れており、2008年11月29日から行ったスペイン旅行ではリアス・バイシャス、モンテレイ、リベイラ・サクラ、アストリア、レオン、マドリッド、セゴビアなどにあるボデガとコラボレーションし非常に興味深いワインたちをつくっているのです。

リベイラ・サクラにある非常に評価の高いボデガであるアデガ・アルゲイラのオーナー、フェルナンド・ゴンザレス・リベイロ氏は『このリベイラ・サクラと言う地は本当に大したワインが出来なかった。そこにラウルが来てくれ、今までとは全く次元の違うワインをつくりだしてくれた。リベイラ・サクラのワイン関係者にとってはラウルは神のような存在だ!』と話してくれました。



スペインで3日間ずっとラウルと一緒に行動をしていましたが、どこのボデガに行っても、どこのレストランに行っても、どこのバルに行っても、本当にラウルは人気者で、彼が話し出すとみんな耳を傾けその話をしっかりと聞くので驚きました。

カストロ・ベントーサの頃から、彼のワインのファンだった私はマドリッドのワイン見本市で偶然にかれに再会、日本への輸出をお願いしたところ快く引き受けてくれたのです。

ワイナリー和泉屋にとって、まさに宝物のワインであることは間違えなく、きっとスペインにとってもきっと宝物の生産者だと思っております。

ラウル・ペレスのワインのコメントで本当にマイナスのコメントは見たことがないのですが、あるワイン・ジャーナリストは『あまりの生産量の少なさで一部の限られた人間しか飲むことができない。彼はその辺を改善しなければならない』

と言っていたのは見ました。

日本でラウル・ペレスのワインを飲むことのできる幸せ、ぜひ噛みしめてくださいね。

ちなみにウルトレイアとは巡礼者たちが互いを励ます挨拶代わりの言葉で『前へ』と言う意味です。

なんかとても良い名前ですよね。

〔 D.O.ビエルソ〕

ビエルソはカスティーリャ・イ・レオン州北西部にあり、ガリシア州とは山ひとつで隣り合います。ここ数年、メンシアと呼ばれる葡萄品種から造られる赤ワインが高評価され、今、最も熱い注目を集める産地となり、スペインのニュー・エルドラド (新黄金郷)と呼ばれています。

はい、和泉屋の宝です!

2008年の「マタドール」にラウル・ペレスが選ばれました!



「マタドール」はエグゼクティブクラスや意識の高いライフスタイルを求める方を対象としたメンバー制のアート雑誌です。

テルモ・ロドリゲスはマタドールの依頼を受けて著名な現代絵画の画家がラベルを特別に描き、選ばれた醸造家がその為の特別なワインを生涯に一度だけ造るというプロジェクトに協力してきました。

ワインは毎年異なる場所で異なる生産者によって造られラベルのエチケットもその年毎に変わります。

非常に限られた生産量であるため、割り当てを受けたレストラン、そして国内のごく限られた方々へと販売されている超限定品です。

ラウル・ペレス(11件)

インフォメーション
支払い方法  ≫詳しくはこちらへ

クレジットカード・銀行振込・コンビニエンス決済・代金引換から
お選びいただけます。

送料について  【全国一律】
全国一律 1ヶ口702円(税込)でお届けいたします。
クール便代は本数、並びに重量に応じて加算させて頂きますので
当店からの詳細確認メールをご確認下さいませ。
(例 1〜4本:216円 5〜8本:324円税込)

16,200円(税込)以上のお買い上げで1ヶ口が
送料無料となります。*一部商品を除く
配送について  【当日発送】  >>詳しくはこちらへ
月曜〜土曜日のPM16:00までのご注文は
当店より
当日発送いたします。

つまり、翌日到着可能なんです!
また日付指定、時間帯指定も承っております。
※九州及び、北海道、離島は翌々日到着

プライバシーの保護について >>詳しくはこちらへ
お客様から頂いた大切な個人情報(御住所・電話番号・メールアドレス等)を 発送等の業務以外に流用致しません。

又、ご希望されないお客様のメールアドレスに DMを送る様な迷惑
行為、大切な個人情報を第三者にもらすような事は決して致しません。
ご注文・お問い合わせについて
お問い合わせにつきましては、メール・電話・FAX等でご連絡ください。
ページ上で販売していない商品、また、ご予算、用途、ヴィンテージのご希望などお伝え頂ければ、 ワインをお探しすることも可能です。
誠に勝手ながら日曜日は、メールでのお問い合わせはお休みとさせて頂いております。ご了承ください。
TEL 03-3963-3217 / FAX 03-3963-3220 / MAIL wine@wizumiya.co.jp
----------------------------------------------------
〒173-0004
東京都板橋区板橋1-34-2
店舗運営責任者:新井治彦(代表)
TEL 03-3963-3217
FAX 03-3963-3220
MAIL wine@wizumiya.co.jp

≫地図と営業時間はこちら ご近所の
お客様は、是非直接当店までお越し
下さい。
※お越しいただく際には営業時間をご確認の上、お客様のご都合に
合わせてご来店ください。
返品・交換について  >>詳しくはこちらへ
クール便をご利用いただいても、短時間のうちに温度変化がおこりますと液漏れをするケースがございますが、 ワインの味わいにほぼ問題はございませんので、返品・交換等は承れません。 ご理解の上、ご注文
くださいますよう、お願い申し上げます。
商品到着後、1週間以上の期間が過ぎますと、返金、返品につきましては、 ご相談いたしかねますのでご了承下さい。

Copyright (C) 1999-2016 Winery Izumiya Corporation. All Rights Reserved

閉じる

最大倍率もらうには?

+1倍
ストアポイント
+4倍
Yahoo!プレミアム会員限定!Tポイント5倍!
開催期間:2016/9/30 23:59まで
今すぐ会員登録
+2倍
条件ありお支払い
Yahoo! JAPANカードご利用で毎日Tポイント3倍
開催期間:2017/3/31 23:59まで
詳細を見る
+9倍
条件ありお支払い
Yahoo!プレミアム会員限定 お買い物リレーキャンペーン
開催期間:2016/8/28 23:59まで
※「条件あり」「お支払い」について、エントリーして複数ストアで買いまわると、2ストアで「+2倍」、3ストアで「+4倍」、4ストアで「+7倍」、5ストアで「+9倍」。1注文につき1,000円(税込)以上が対象。※Yahoo!プレミアム会員が対象
エントリーページを見る
最大14倍のチャンス

  • お支払い
    記載の倍率分のポイントを獲得するためには、カートで記載のお支払い方法を選択する必要があります。
    またそれ以外にも諸条件が設定されている場合があります。
  • 注意事項:ポイントキャンペーンや特典内容には諸条件があります。
    当該ポイント倍率分のポイント数を獲得できない場合もありますので、ご注文する前に必ずキャンペーンページをご確認ください。
    キャンペーンの開催期間や特典内容および適用条件を、予告なく変更する場合や中止する場合があります。