『 富山や 』 食品をはじめデザイン商品、工芸品、日用品まで、くらしを豊かにする”とやま”の良い品を全国にお届けします。
  1. 富山や >
  2. 氷見の魚 > 
  3. 氷見網元 高木水産

タイトル画像

高木水産では、氷見漁港の朝獲れの魚を使い,キトキトのまま
丹精込めて丁寧な仕事をしています。

氷見網元 高木水産

4件中 14件目

価格帯
  • 円〜

絞り込み条件を開く





氷見の朝は美しく、慌しく、キトキトで


最近有名になったHIMIブランドは、豊かな自然環境と漁師達が培ってきた文化に裏づけされます。
氷見灘浦海岸は、日本海へ突き出した能登半島のお陰で年中おだやかで、真夏でも立山連峰からの雪解け水が河川に注ぎ、良質なプランクトンを生み出します。
当然、それを食べるため魚たちが集まり、美味しい魚たちへと育っていくので、富山の魚は美味しいのは極当たり前です。
ただ、氷見漁港はなぜか別格に注目され、富山県でもトップレベルの地位を築いていて、高値で取引されます。

氷見では江戸時代初期より既に、定置網が発達していました。定置網というのは、魚を網の中で遊ばせるようして引き込んでおき、それで一気に引くというやり方です。通常の網とでは、魚のストレス(=美味しさ)が全然違います。
そしてすぐに大量の氷で仮死状態にしてしまいます。しかも漁場と市場が接近しているので、魚の鮮度を保ちながら漁港に向かいます。船が到着すると、多くの男達が集まりすぐ仕分けされ、慌しく競りにかけられます。
長年氷見では、漁師達が魚や海に愛情をかけ、技と知恵と経験を結集させ、過酷な漁に挑み続けています。結果、美味しい魚"キトキト”のまま県内を始め、全国各地にHIMIブランドとして出荷されています。





網元ー高木水産ー


高木水産は、網元でもあります。網元というのは、船を持ち漁師を雇い漁場へと送り出す親方です。通常、船で魚が獲れると、何がどのくらい獲れたのか親方に連絡が入ります。すぐさま漁港の黒板には、船名と魚の種類が書き出されていき、買い手はそれを吟味しながら船を待ちます。
親方も、加工場に連絡を入れ、本日の魚から仕事の指示を出します。



船底にはたくさんの魚と氷


仕分け箱へドカッと。。。


船に装備されたクレーンの網は船底の魚を集め、一度高く持ち上げられます。その大きな網は船員の背中を伝う様にして位置決めされ、仕分け箱の中央で一旦停止。そして網が開かれると、魚が一気に仕分け箱にダダァーとなだれ込みます。


インドネシアからの研修生が優秀で日本人の3倍働くと評判です。でもまだ”北陸の寒さ”が克服できないそう。。。



本日のいわし漁


年間を通じて獲れるいわしですが、春が本番と言われます。高木水産では、10〜3月末までのいわしに限って加工されます。この時期以外のいわしだと、脂がのり酸化し易いからだそうです。”もちろん生で頂くんなら、脂がのってるほうが美味しいけどね〜”と高木社長。
真いわし、片口いわし、うるめいわしなどがあり、その品種ごとに決まった加工品にされていきます。昔は相当な量が水揚げされていたので、加工品が発達していったようです。みりん干し、塩いわし、煮干、生漬、干いわし(めざし)として、その他は肥料として田んぼにまかれました。氷見駅からはいわしの加工品がどんどん出荷され、一躍”氷見いわし”の名前は全国に響き渡ったそうです。

潤んだ目のウルメイワシ、分かります?



そろそろ加工場へ

大体の魚の仕分けが済むと後は漁師さんたちに託して、高木さんは漁港に程近い加工場へ移動します。その日に獲れた魚を午前中に加工してしまうのが、高木水産の頑固なやり方です。新鮮さかモットウなので、売れ残りの魚には絶対手は付けません。質の高い加工品はこの精神から作られているんですね。

赤いキャップの漁協の方も、仕分けのお手伝いをされるんですね






煮干作り(本日は”ホタルイカ”)




熟練のおばちゃん達の流れ作業は手早く、息もぴったり。


大きな釜でしっかり茹で上げます。

茹で上がった後、冷まして、24時間乾燥させると出来上がり!!