1. 家電と住宅設備の取替ドットコム >
  2. 食器洗い乾燥機:パネルと面材の違い

取替ドットコム > よくあるご質問 > 食器洗い乾燥機の、パネルと面材の違い

食器洗い乾燥機の、パネルと面材の違い

食器洗い乾燥機を選択されるときに、お客様がよくお間違いになられるのが、ドア面材型とドアパネル型との違いです。

ドアパネルはなくても大丈夫。面材はないとご使用いただけません。

同じところ 違うところ
キッチンの見栄えをよくします。 1) 厚さが違います。
食洗機のメーカーからではなく、キッチンメーカーから調達します。 2) 扉四方の枠が違います。
本体価格に含まれていません。 3) ドアパネルはなくても大丈夫。面材はないとご使用いただけません。

▲このページの先頭へ▲

1)違うところ【厚さが違います。】

ドア面材 ドアパネル
ドア面材は厚さが18mm ドアパネルは厚さが3mm
面材は厚さが18ミリあり、扉くらいの厚さがあります。 パネルは厚さが3ミリあり、家具などの表面に貼ってある化粧板くらいの厚さがあります。

▲このページの先頭へ▲

2)違うところ【扉四方の枠が違います。】

ドア面材 ドアパネル
枠がありません 枠があります
枠がありません 枠があります
キッチンと同じドア面材を取付けるため、枠がありません。新規のキッチンで分譲業者様や工務店様に ご依頼可能な場合に適しています。
また、設置工事までにドア面材をご用意ください (後から取付けるにはコツが必要です)。
ドアの四方にパネルをはめ込むための枠があります。後からパネルをご用意されても簡単に取り付けできるため、後付けの方に適しています。
パネルなし黒にパネルをつけたイメージ

▲このページの先頭へ▲

3)違うところ
【ドアパネルはなくても大丈夫。面材はないとご使用いただけません。】

ドア面材 ドアパネル
面材を付ける前の状態 イメージ
ドア面材を取付ける事が前提の機種ですので、ドア面材が無い状態だと、取付け部分がむき出しになりお使いになれません。 ドアパネルを取付けなくてもご使用になれるように、本体色での化粧仕上げとなっております。(シルバー、ブラックなど)
お客さまのご希望で、パネルを取付けるかどうかを選ぶ事ができます。

実際の商品はホームページのようなホワイト色ではありません。

ドア面材 ドアパネル
当店のHP上では上記のようなホワイトのドアパネルがついた画像ですが、実際の商品にはついていません。 実際の商品には上記のようにドアパネルはついておりません。

ドアパネルありとドアパネルなし(標準品)の違い

ドアパネル取付事例 標準品(パネルなし)
ドア面材 ドアパネル
ドア面材 ドアパネル

▲このページの先頭へ▲

ドアパネルやドア面材の取り寄せについて

(1)新築マンションの場合

販売会社様を通じ、ドアパネルやドア面材をご依頼ください。

当店で取り寄せご希望の方は、キッチンメーカーが取り寄せしている扉のメーカーと品番をご確認ください。 大体のメーカーは取り寄せ可能ですが、一部取り寄せ不可なものがございます。

※なお、ドアパネルタイプは正面がグレー、もしくはブラックで化粧仕上げされていますので、ドアパネルが必要なわけではありません。
ドア面材 ドアパネル

(2)築5年程度をこえるお宅の場合

現キッチンと同じものをご用意するのは、まずムリです。築5年程度以内であれば、キッチンメーカーのショールームにご相談ください。
  • まず、最寄りの店舗にお電話でご相談下さい。取扱いしているようであれば、直接店舗へ。
  • 戸建ての場合は、購入時のキッチンカタログやドア色名や品番の控えとなるもの
  • 分譲マンションの場合は、マンション名・部屋番号と当時のドア色の名称や品番の控えとなるもの
  • 設置予定の食洗機のメーカーおよび品番
  • ショールームにて、購入可能であれば、そのままご注文して下さい。
  • ショールームで直接購入できない場合は、当店にご相談ください。

(3)マンションでどうしてもドア面材をつけたい方
(パネル番号はわかっている方。当店取り寄せになります。)

左右・上下の仕上げを当店で決めた2パターンであればご用意可能です
「食器洗い乾燥機:取替ドットコムのドア面材について」のページへ

▲このページの先頭へ▲

ドアパネルと面材のよくあるご質問

ドアパネルについて→工事下見時などに確認して、当店で手配できないですか?

ドアパネルの供給メーカーは数十社あり、現行品番だけでも各メーカー数百種類ラインナップされていますので、現物をみて、メーカーから調べることは不可能です。
キッチンメーカーは毎年、春・秋にラインナップが変更され、微妙に色が変わることもあります。間違いがないようにキッチンメーカーにてお客様がご確認いただくようにお願いをしております。

今あるキッチンの扉を加工してドア面材やドアパネルとして取り付けできるのでは?

●ドア面材の場合、一見そういうように思われがちなのですが、現在の扉は食洗機指定の寸法とは微妙に異なります。そのため、縦・横にカットが必要になりますが、カットした小口はガタガタになる場合が多く、またカットした断面がそのまま見えてしまいます。
●ドアパネルの場合、扉の表面をはがせば使えるように一見思えますが、強力に接着されておりきれいにはずすことは不可能です。

引出し式のコンパクトタイプなどは、どうして下に専用引出しキャビネットが必要なのですか?今あるキッチンの引き出しを加工して使うことはムリなのでしょうか?

まず、引出しキャビネットをキッチンに固定させ、食洗機を引出しキャビネットに固定するのです。それで食洗機を引き出しても本体は、ずれることがなくなります。
しかしながら、今ある引出しは、固定する板がありません。また、あったとしても設計上、30kg程度の重さのある食洗機本体を支えるようには考えられていません。
以上のことから、専用の引き出しをご購入いただくことをお願いしております。ディープタイプでは、食洗機本体が自立式になっていますので、引出しキャビネットは必要ありません。

コンパクトタイプとディープタイプは、どちらが良いのでしょうか?
(パナソニック45cmタイプの比較)

下表をご参照ください。

  コンパクトタイプ ディープタイプ
容量 40点6人分 45点6人分
(背の高い食器やお鍋がスッポリ入る)
収納 下に引出し収納がとれる 収納がなくなる
価格 本体+引出収納+工事費
(Dより引出収納取付工事費分アップ)
本体+工事費

▲このページの先頭へ▲