LOOPS LIGHT とは?




 
loops3-s LOOPS LIGHT (ループスライト)   


新発想のリムライト

特殊な光と光を蓄える素材、回転を利用したリムライトです。


→お客さん・取扱店さんからアップして頂いた動画はこちらから
※RayTrekは本製品の旧名称です。
loops4-s 概 要

フレーム側に付けたライトでホイールに貼った発光テープに光を当て、テープに光を蓄えさせることで、リム全周を光らせています。

テープが「面」で光るため、街灯の無い暗い夜道や、雨の日など視界が悪くても、自分の存在を効果的に周囲に知らせることができます。

光を蓄える特性を活かした、間接照明のようなやわらかな光で、歩く程度のスピードや、信号待ちの停車時も、大きなループ状の光を維持します。

自転車やバイクのカスタムやドレスアップ、夜間の安全対策に最適です。





LOOPS LIGHT 3つの特徴



省電力でのやわらかな光  loops5.jpg

LOOPS LIGHTは、ホイールの回転と光を蓄える素材を組み合わせることで、LEDの「点」の光を、発光テープの「面」の光に変換し、テープ全周が光ります。これにより、前後左右の4面分の光をLED4個分の少ない電力で光らせています。また、「面」の光はLEDの直接的でギラついた感じの光とは異なり、間接照明のようなやわらかな光のため、部分的な光り方ではなく、全体が自然に光ります。

→製品詳細を見る
視認性・安全性   safety.jpg

LOOPS LIGHTは、製品自体が光るため、相手の光が必要な反射板とは異なり、街灯の無い暗い夜道や、雨の日などの視界の悪い悪天候下でも、大きなループ状の光で、遠くから自分の存在を効果的にアピールし、視認性を高めます。また、2つのループ状の光は、ひと目で自転車・バイクとして認識することができ、お互いに予測・回避行動が取りやすくなります。

→製品詳細を見る

止まっても光ります  loops2-s

LOOPS LIGHTは、ホイールに貼られた発光テープが光を蓄えて光ります。従来のバルブやスポークに付ける、残像を利用した製品と異なり、ゆっくり押して歩いても、信号待ちなどの停車中でも、一定時間、ホイールリムが大きなループ状に光ります。電源部をホイールに取り付ける必要が無いため、回転体の重量が増えたり、ホイールバランスが悪くならず、高速走行への悪影響もありません。

→製品詳細を見る

コピーライト PC