タカムラ

ソアーヴェクラッシコ[2013]ピエロパン(白ワイン)

通常販売価格1,868円(税込)

数量

カートに入れる

選択肢を選んでから、カートに入れるボタンを押してください。

違反商品の申告をする

商品コード:8023352000018

シェアする

ソアーヴェクラッシコ[2013]ピエロパン(白ワイン)

商品画像1

  • 商品画像1

閉じる

ワイン愛好家が
最も信頼する
白ワインの1つ!

かつて、私がワイン学校に通っていた時、未だに世界で300人も存在しない、ワイン界の資格で最難関と言われる、マスター・オブ・ワインの先生が言いました。

『ソアベで最も信頼の置ける生産者は、ピエロパンとアンセルミ。』

それから10年以上経った今も、ピエロパンのワインを飲むたび、その言葉を実感するほど、ピエロパンは、ソアヴェの名を世に知らしめた存在として、知られています。

その言葉は、別のマスター・オブ・ワインとして、世界的な権威のジャンシス・ロビンソンさんの本でも裏付けされています。

■ジャンシス・ロビンソン氏著『ワイン百科事典』より抜粋■

ソアベは、協同組合の造るワインが大半で、大量生産、巨大市場向けのため、いわゆる『薄っぺらで個性の無い』ワインとされている。

だが、ピエロパンや、アンセルミのように小さな生産者は、ガルガネガ種(ソアベに使われるブドウ品種)から、樽熟成に耐え、その結果、芳香のある、真に個性をもったワインを生み出せる事を証明した。

『ソアベ=軽く、薄っぺらなワイン』と言うイメージを覆し、品質の向上に絶え間ない努力を怠らずにいた結果、この2つの生産者は、ワインのプロ中のプロである 『マスター・オブ・ワイン』達に、こう言わしめるまでに地位を確立しました。

現在、もうひとつの生産者、アンセルミは、訳あって、ソアベの名を名乗っていません。
つまり…ピエロパンは、

『唯一、信頼の置けるソアベの生産者っ!』

って事になるのです。

そして、ピエロパンの事を知れば知るほど、彼のワインを飲めば飲むほど、そう言われる価値のあるワイナリーだと確信が持てます。

その評価は、イタリア国内でも高く、イタリアのワイン評価本として有名な、ガンベロ・ロッソ誌にもこう書かれています。

■イタリアのワイン評価本『ガンベロ・ロッソ2001』より抜粋■

現在のオーナーの祖父にあたる、創始者、レオニルド・ピエロパンは、1890年に現在のピエロパンを設立。

1970年以降、ニーノの愛称で親しまれていた、まだ若い、現オーナーのレオニルドは、ソアベの中心近くの最良の土地を買い始めました。

畑の重要さに気付いたレオニルドは、化学肥料から有機肥料に使用を切り替え、最高品質の為、厳格な選択基準を設けました。

一方、情熱家で、芯の強い、レオニルドの妻、テレジータは、ワイナリーの重要な仕事、販売やマーケティングの責任者としての役割を務めるようになります。

今日、ピエロパン家の新しい世代であり、祖先と同じ粘り強さ、勤勉さを受け継いだ、レオニルドの息子達、アンドレアとダリオの二人がワイナリー経営に関わっています。

今年、我々が試したワインも、いつも通り素晴らしい品質。フレッシュで、魅了される、ズバ抜けて、飲む価値に値するソアベでした。

そう。『ソアベ』だからピエロパンを買い求めるのではなく、

『ピエロパン』だからソアベを買う。

それがこの生産者の良さを知っている人の、真の考えなんですっ!!

"ソアベ" と聞けばいかにも "安ワイン" というイメージがあると思います。

私も正直そう思っていたのですが…

飲めば、きっと、思います!

『エーッ!!ソアベってこんなに美味しかったの!!!!』

実際私がそうでした!!

ソアベ = 安ワイン の方程式を信じられている皆様には、

一時も早く飲んでもらいたい一本です。

商品説明


■ヴィンテージについて■

現在ヴィンテージが2012年から2013年に移行中です。
どちらかのヴィンテージでのお届けになりますが、ご注文時にヴィンテージの指定はお受け出来かねますので、ご了承の上、お買求め下さい。


まずはコレ!

ピエロパンが造るワインの中で、最も若く、フレッシュなワイン

2種のブドウ品種を使用、ガルガーネガ種からは白い花の印象、トレッビアーノ・ディ・ソアーヴェ種からは、梨のような香りが広がり、柑橘系のフレッシュな味わいを楽しめます。

野菜の入ったオイルベースのパスタや、食前酒にももってこいです!

お宅の定番に、加えて下さい♪


  1. タカムラ > 
  2. ワイン > 
  3. イタリア > 
  4. ヴェネト州 > 
  5. ソアーヴェクラッシコ[2013]ピエロパン(白ワイン)