元裁判官・弁護士による画期的な法規範探究の書!

六法全書を見たときに、法律が分かったと言える人は果たしてどれだけいるでしょうか。日本語の意味は分かってもそれが具体的事件の解決にどのような意味を持つのかが分かる人はどれだけいるのでしょうか。また、仮にこうすると言うことを思い浮かべられたとしても、実際に裁判所の出す判決との矛盾を納得できる人はいるでしょうか。この本は六法に書いてある法律の言う意味が具体的事件の解決にどのような意味合いを持つのか、また、裁判所を含めた法律家が事件を解決するのに文章に書いてある意味がどのような役割を果たすのか、を広く一般に知らせるのに役立つでしょう。この本は事件が法律の世界でどのように処理されているのかを知り、また、既に法律家である方も、実際の事件の処理はどのようであるのかを知る最良の案内役となるでしょう。法規範学の事始めと言っても良いものです。

法規範探求の理論 ‐渡邊式探求法‐ (渡邊正則・著)A5/236頁

JANコード/ISBNコード:9784864200851

  • 価格 2,808円(税込)

  • 全国一律 送料無料

    ※条件により送料が異なる場合があります

    手数料・送料・配送方法について

  • 28ポイント獲得

    ログインすると獲得できます。

    プレミアム会員ならいつでもポイント5倍

    初回登録の方は2カ月無料でお試し

    最大倍率もらうと5倍

    140ポイント獲得

    ポイントの内訳を見る

    最大でもらえるポイント

    140ポイント(5倍)

    Yahoo!プレミアム会員限定!Tポイント5倍!
    112ポイント(+4倍)
    詳細を見る

    今もらえるポイント

    28ポイント(1倍)

    通常ポイント
    28ポイント(+1倍)
    • ※通常ポイント以外はヤフーによる期間固定ポイントであり、通常ポイントより後に進呈します。
    • ※条件により上記ポイントを獲得できない場合があります。
    • ※上記記載がないキャンペーン分のポイントは獲得ポイント詳細には含まれていません。

    よくあるご質問はこちら

    • ※通常ポイント以外はヤフーによる期間固定ポイントであり、通常ポイントより後に進呈します。
  • はじめての方はアプリで買わないと損!今すぐインストール

数量

カートに入れる

選択肢を選んでから、カートに入れるボタンを押してください。
お気に入りに追加

この商品について問い合わせ

法規範探求の理論 ‐渡邊式探求法‐ (渡邊正則・著)A5/236頁

商品説明

◎目次

第一章 序論

第二章 趣旨
  一 法解釈
    1 法発生の機序と法の論理
    2 民法(私法の一般法)の論理構造
    3 民法の基本原理の詳細と規範の論理におけるその構造
    4 法規範の性質
    5 法規範の変遷
    6 法解釈の目的
    7 法解釈の方法
  二 法解釈のための諸手法
    1 抽象と具体
    2 形式と実質
    3 事前と事後
    4 反論の予測と防禦
    5 法文の文書の尊重
    6 前提と結論
    7 時の四次元座標軸の活用
    8 法文に根拠を見つける方法
    9 法文が存在しない場合の規範の定立方法
    10 必要性と許容性
    11 対内的関係と対外的関係
    12 問題ごとの分離考察と法律効果の並行的存在
    13 原則と例外
    14 積極と消極
    15 客観と主観
    16 合理性と不合理性
    17 相対性の概念
    18 趣旨と論点(争点ないし問題点)
    19 法文における趣旨と形式
    20 重要な事項から論ずる
    21 法律の表現として適切な方法を取ること
    22 反論の手法
    23 消極的主張でなく積極的主張を行う
    24 法律構成とその単純であること
    25 全体の固定性と部分の流動性
    26 法律構成の困難な事例における、当事者間で正反対の各逆向きのベクトル(方向性、または働き掛け)を持つ理念型の活用
    27 論点の組み合わせによる解決と恣意的法律構成の禁止
    28 事実認定を法律構成に取り入れること
    29 判例の尊重
    30 信頼の理論
    31 法益保護の視点の重要性
    32 法の理想と現実の変革

第三章 結語

おすすめ商品