紫外線の種類 波長(nm) 地上への影響
UV-A 380-320 大気圏でほとんど吸収されずに地表に達する。浴びると肌が黒くなる日焼けをする。ただし、大量に浴びるとDNAに傷がつき、皮膚の老化を早める。
UV-B 320-280 オゾン層の増減により、地上に到達する量が変動する。浴びると肌が赤くなる日焼け(サンバーン)をする。大量に浴びると免疫力の低下や、皮膚ガンや白内障を引き起こす恐れがある。
UV-C 280-200 オゾン層によりほぼ吸収されてしまうため、地上にはほとんど到達しない。ただし、最も危険で殺菌光線と呼ばれており、免疫力の低下や皮膚ガン、白内障を引き起こす。



シミ 紫外線を多く浴びる事により、肌のメラニンをつくる色素細胞の遺伝子が変異し、メラニンを過剰に作る為、肌へたくさんのシミができる。
シワ 皮膚にあるコラーゲンやエラスチンなどのハリや弾力に関わる繊維を細かく切ってしまう酵素を生成してしまう為、肌にシワができる。
髪へのダメージ 紫外線にあたる事により髪のメラニンが変異し、髪の色が茶色になったりキューティクルが傷み、結果髪がぱさつく。
白内障 眼球にある角膜を通過し水晶体へダメージを与えてしまう為、白内障になってしまう。
免疫力の低下 皮膚の免疫を担当する細胞を紫外線が破壊してしまう為、最近やウィルスに感染しやすくなり、結果体調を崩す。
皮膚ガンの原因 紫外線が皮膚細胞に吸収され、遺伝子を傷つけてしまう為。











配送について

お問い合わせ
wagoclub@giga.ocn.ne.jp

紫外線対策 - ラッピングについて - メガネのサイズについて - 眼鏡のご購入について
Copyright©2000-2009 Sunglass Hat All Rights Reserved.