CASIO G-SHOCK シリーズ

G-SHOCKが誇るタフの象徴、耐衝撃構造。モジュールを浮かせ包み込む中空構造のケースと、落下衝撃からモジュールを守る全方向カバリング。そして基盤に配置した重要部品の緩衝材による保護。すべては”絶対に壊れない”という当時の常識を覆す時計を作るという発想のもと、1981年プロジェクトチーム・タフが結成されG-SHOCKは生まれた。以来、G-SHOCKは耐衝撃という設計思想を継承し、さらなる高みを目指して進化を続けている。


  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5