タイトル画像

 1900年代初頭に設立。当時は軍用シューズやガスマスクなど製造していました。
 1945年以降国営企業化されると同時にCEBO(チェコ語でチェコスロバキアの靴という意味)と社名を改めラバーソールシューズやゴム製品を製造し1960年以降は多数の有名スポーツメーカーの製造を請け負うようになりました。
 CEBOの卓越した技術はこの経験が大きく生かされています。
 シンプル、ローテク、レトロ感溢れるデザインは1940年代から現在に至るまで大量のシューズを生産し続けてきたCEBOの特徴です。
 近年はスニーカーはスロバキア製、ブーツはチェコ製と生産工場をすみ分けしています。

  1. 1
  2. 2
  3. 3

禁無断複製、無断転載、このホームページに掲載されている記事・画像などの無断転載を禁じます。



Copyright (C) 2007-2017 sneaker soko. All Rights Reserved.