佐竹ガラスは日本で唯一戦前から続く工芸用色ガラス棒製造工場です。
和泉市の伝統産業であるガラス細工の材料や、日本一の製造量を誇った和泉市の人造真珠の核となる原玉を供給した歴史的なガラス工場で、建物は国の登録有形文化財に指定されています。
アクセサリーパーツの製作・販売、ガラス細工やアクセサリー・バーナーワーク用品等の販売や、とんぼ玉体験教室も運営しています。

和泉とガラス工芸の歴史
神功皇后の時代に泉州にガラス玉の工房が作られ、その後、泉州玉と呼ばれました。

南蛮貿易の時代には堺にヨーロッパの近代技
南蛮貿易の時代には堺にヨーロッパの近代技術が伝来し、江戸時代、奢侈禁止令により贅沢品として禁止されましたが、明治時代に再度製造技術が伝わり、ガラスアクセサリー・マチ針・ガラス細工の製造が盛んになり、
大正時代には乳白色のガラス玉を原玉とし太刀魚などの魚のウロコから抽出したパールエッセンスでコーティングする人造真珠造りが始まり、その後、養殖真珠と同じ貝核を原玉とした人造真珠も作られるようになり、
美しい仕上がりと経済性にも富んだ製品は当
美しい仕上がりと経済性にも富んだ製品は当初欧米を始め多くの国に輸出され和泉市の人造真珠は世界的に高く評価されています。人造真珠はフォーマルにもカジュアルにも合わせられるファッションアクセサリーとして
重宝されています。その全国シェアは80%以上で人造真珠とガラス工芸が和泉市の地場産業の一つであり佐竹ガラスは核の原材料のガラス棒材と、ガラス玉を絶えず供給し続けて参りました。
人造真珠は人工真珠とも呼ばれ、表面にパール状にコーティングをする為、見た目はほとんど同じですが核の材質の違いにより代表的な物に貝パール・ガラスパール・プラスチックパール等がございます。

ガラス工芸品

ガラス細工
ガラス細工