1. Proバイダー ヤフー店 >
  2. リコイル 使い方と資料集

リコイルキットの使用方法

(1)下穴加工
ドリルで損傷ネジ部分を取り除いてください。(ドリルはキットに表示されたサイズのものを使用してください。)
パイロットタップを使用の場合は、この下穴加工は必要ありません。 
 (2)ピッチチェック
タップとボルトのピッチが同じかをチェックしてください。 ピッチはボルトに合わせて下さい。
(3)タップ立て
まっすぐにタップを立ててください。
タップを立てた後は、切り粉、ゴミ等を完全に取り除いてください。
(4)カラーの調整
リコイルの長さはカラーで調整して下さい。
 (5)リコイルの挿入
タング(後で折り取るツメ)を下穴の底の方向に向けて挿入工具先端の溝に挟み、1/4〜1/2回転までは下方向に軽く押さえながら回します。
挿入の深さは最終コイルがタップ開始部分より1/2〜3/4ピッチ沈む程度が適当です。
(6)タングの折り取り
挿入工具をタングから抜き、90°回転させて図のように当てて鋭く叩いてください。決してタングはねじ折らないでください。

Q : リコイルキットとは?
A : ヘリサート加工(ネジ穴修正加工)時に使用する工具セットの事です。


下穴用ドリル、リコイル用特殊タップ、リコイル(ネジ山になるコイル)、挿入工具、折り取り工具がセットになっっています。

※M12(1/2)より大きなものには、下穴用ドリル、折り取り工具、タップハンドルは付属していないので、別途でご用意頂く必要があります。


商品写真(M8−1.25のものです)


サイズより購入できる! 納期が分かる! (サイズ別商品選定表)

下穴ドリルサイズ表


オイルドレンプラグリスト表


リコイルの使用方法(スパークプラグ)


リコイルの使用方法(エンジンパーツ)