タイトル画像



コロニアル・カラーベストなどの窯業系や波型スレート・厚型スレートなどコンクリート系の屋根用塗料を各種ラインナップしました。

スレート・新生瓦屋根

180件中 120件目

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7






■新生瓦屋根 塗り方のコツ
新生瓦-素地調整 新生瓦-清掃
1.古い塗膜のはがれかかった箇所は、皮スキ・ワイヤーブラシ、サンドペーパーなどで落とします。油汚れは「ペイントうすめ液」を含ませたウエスで拭き取り、泥、ホコリ、苔、藻類などはデッキブラシやほうきで除去します。ツヤの残っている塗膜の上には軽くサンドペーパーをかけ、表面を荒らしておきましょう。ひび割れ、穴・欠けなどがある場合は、事前に修復しておきましょう。 2.塗る面はデッキブラシやほうきで水洗いして、ゴミ、ホコリ、苔、藻類などを取り除きます。
 塗らない部分や境目は、マスキングテープ、ポリマスカーなどでカバーします。
新生瓦-下塗り 新生瓦-上塗り
3.スレート瓦、セメント瓦、新生瓦などの吸い込みに多い面、荒れた面に塗る時は、下塗りとして「油性シーラー」を塗って、瓦の表面を固めておきましょう。また、シーラーを下塗りすることで、上塗り塗料との密着も良くなります。 4.塗料をよくかき混ぜた後、はしごを架けた所から一番遠い所から塗り始め、最後にはしごにたどり着くように逃げ道をつくりながら行います。塗りにくい隅やコーナー部分から、先に筋違刷毛で塗りましょう。広くて平らな面についてはローラーバケを使います。
●高い所を塗る場合は、塗料が飛び散ることがあるので、事前に周辺にある車などは移動しておきましょう。また、安全ベルトなどの転落防止をしましょう。
●気温5℃以下、雨天、湿気が高い(85%以上)とき、および風が強い日には塗らないで下さい。また、夏場の暑いときも熱中症や熱射病になりやすいので避けて下さい。
●シーリング材(コーキング材)には塗料が付着しないものもあるので注意しましょう。(シリコンコーキングなど)
●刷毛塗り、ローラー塗りの場合はうすめずにそのまま塗装できますが、刷毛がかすれたり、塗りにくい時は、5〜10%の比率で薄めて下さい。(水性塗料は水、油性塗料はペイントうすめ液等)
※油性塗料の場合は、種類により専用うすめ液が必要となる場合があります。
●一度に厚塗りせず、2回塗りで仕上げましょう。特に瓦の重なった部分は先にハケで塗料を押し込むように塗装しましょう。
●塗料が完全に乾燥したら、瓦の重なり部分に皮スキやスクレーパーなどを差し込む縁切りという作業をして下さい。(※瓦の重なり部分が塗料で固まると雨水が屋根の内側へ入り込む現象が発生し屋根材を傷める原因となります)


■屋根塗装のポイント!

屋根は、建物の中でも一番風雨にさらされる箇所で、メンテナンスを怠ると雨漏りの原因となったりしますので、定期的に塗り替えましょう。屋根材にはたくさんの種類がありますので、屋根材にあった最適な塗料を選ぶ事が大切です。

粘土瓦や乾式コンクリート瓦は、通常の窯業系塗料では付着力が弱いため、塗装後に剥がれなどが起こりますので十分注意することが重要です。これらの屋根材に塗装する場合は専用の塗料を使用するようにします。最近では密着力の良いシリコン系の専用塗料で塗り替えられます。
●アスファルトシングル材は、溶剤系塗料を塗装すると、タールがブリードすることがあります。また吸い込み等により塗装面積は半減します。
●コロニアルやフルベスト等の窯業系屋根材では、塗装後に屋根材が上下に重なっている部分(水切部)が塗料で接着しやすいので、皮スキなどで必ず「縁切り(瓦の上下に皮スキを差し込んで軽く浮かす)」を行います(この作業は、瓦の上下に隙間がないことにより水分が外部に抜けないことによる内部素材の腐食や雨漏りを防ぐために行います)。
金属系屋根材の場合は、サビ止め※をしてから専用塗料を塗ります。トタンの場合はトタン専用塗料を使うようにして下さい。トタン専用塗料は耐候性やトタンに対する密着性が通常の塗料よりも優れています。最近流行のガルバリウム合板などは、専用の下塗り(プライマー)を塗ることで塗装が可能となります。金属系への塗装は水性タイプよりは溶剤系タイプの方が耐候性やツヤが良いでしょう。
※サビが出ている場合は、出来る限りサビを落としてからサビ止め塗料を拾い塗りします。広範囲にサビが出ている場合は、ケレン後、全面にサビ止め塗料を塗ります。
■屋根塗装の注意事項
●必ず水洗い(下地処理)をする!
 屋根材を塗装するときは、下地処理として必ず高圧洗浄またはデッキブラシによる水洗いを行うこと。浮いている旧塗膜や汚れ、カビ・藻などが付いたまま、塗装すると直ぐに塗装した塗膜が剥がれてしまいますので注意して下さい。
●必要に応じて下塗り材(シーラー・プライマー)を使用する!
 屋根材(旧塗膜)は、長年の風雨や紫外線により傷んでいる場合が多いので、下塗りせずに上塗り塗料だけを塗ると剥がれやすかったりしますので、必要に応じて下塗り材を塗るようにします。下塗り材は、素地に浸透して傷んでもろくなった屋根材を固めたり、上塗り塗料の余計な吸い込みを防いだりします。また、上塗り材との密着を良くしますので出来る限り下塗り材を塗るようにしましょう。最近の密着力が優れているシリコン塗料では、下塗りをしなくても良い塗料もありますが、屋根材が古く特に傷んでいる場合は、必ず下塗り材が必要となりますので注意が必要です。
●強溶剤タイプの塗料は気をつける!
 旧塗膜が残っている状態では、塗装する塗料の種類※によっては、リフティング(塗装した塗料の溶剤が旧塗膜を侵し、ちじれたり剥がれたりする)を起こしますので旧塗膜の種類を確認することが大切です。塗料用シンナーで希釈する弱溶剤タイプや水性タイプがお薦めです。
※二液型の強溶剤タイプは注意が必要です。
●屋根の上では安全第一!
 屋根の上での作業は、高所で危険が伴いますので安全な作業を心がけます。雨上がりや雨が降り出した場合は滑りやすいので作業をしてはいけません。また真夏日の炎天下での作業も熱中症や日射病になりやすいので要注意です。屋根に登るハシゴは動かないようにしっかりと固定できる場所にかけること。また、屋根の上では樋側(下側)に向いて作業するとバランスを崩しやすいので十分注意します。また塗った塗料の上を歩くと滑りやすいので歩かないように塗る順番を事前に決めておき最後にハシゴから下りられるようにしておきます。
参考:オリエンタル塗料工業カタログ