トップページ 会社概要 お支払・送料 問い合わせ 買い物かご



  樹木を太く、まっすぐ育てるためには、光のコントロールが重要です。

  人工林では樹木の成長に合わせて周りの一部の木を伐採することで、より多くの光が降り注ぐようになり、健全に成長することができます。

  このように混み合ってきた林の木々の一部を抜き伐る間引き作業を「間伐」といいます。


  最適な間隔で間伐することにより、木は枝葉を広げながら健全に育ちます。 林の中も明るくなるので、より多くの光が入るようになった林は、残った木々の幹が太くなり、枝葉がしっかりとした健全な木に育ちます。 間伐された森林では、残された木々の成長が促進されるため、二酸化炭素をたっぷり吸収し、温室効果ガスの削減機能も発揮します。
  間伐を行わないと、下枝が枯れ、木に対する葉の割合が少なくなるので、十分な光合成が出来ずに、栄養状態の悪いひょろひょろの木になってしまいます。 その結果、強風や豪雪で折れたり、病気にかかったり、時には山地災害などが起こる危険性も高くなります。


現場木製品

現場木製品

4件中 14件目

価格帯
  • 円〜

絞り込み条件を開く

Copyright (C) 2011 Obari Corporation All Rights Reserved.