水処理装置の設計・製作


水処理装置の設計及び製作について

水処理技術は産業活動において欠かすことのできない技術の一つです。そのニーズは多様で、水量の確保や使用目的に応じた水質の精製、コスト削減のための排水回収、環境基準を満たす排水処理など、多くの場面で重要な役割を果たしています。

当社ではイオン交換樹脂を使用した純水装置をはじめ、分離膜を使用して分離・精製・濃縮といった高性能な水処理装置の設計及び製作を行っております。さらに協力企業との共同で、水処理技術を応用し今までにない様々な機能性のある装置の開発にも取り組んでいます。

純水装置

分離膜を使用した水処理装置は地下水や海水の飲料化や、イオン交換樹脂と併用して半導体や液晶などの電子業界向けの純水装置等として利用されています。

原水中の残留塩素除去のための活性炭ろ過器や、前処理及び後処理にMF/UF膜の使用、飲料化のための硬度成分添加材など、様々なろ過処理を組み合わせて目的にあった水質と水量の水へと精製します。


排水処理装置

現在の各産業界においては、様々なコストダウン化と環境保全が必要性の高い認識の下、積極的に活動が行われています。そんな環境の中では単に製造プロセスだけではなく、特に水処理においては排水処理や排水のリサイクル、地下水や雨水の利用など、敷地内への水の入口から出口まで包括的な見直しが必要となってきています。

しかし、排水処理などはコストをかければ如何様にもできますが、経営を圧迫するものであってはならず、生産とコストダウンにきちんと寄与できるものでなければなりません。当社では選択的な不純物除去や有価物回収を、費用対効果の高いシステムでご提案いたしております。


ページトップ