3Dクリスタル 南方マンダラ【南方熊楠顕彰館オリジナルグッズ】
  • 3Dクリスタル 南方マンダラ【南方熊楠顕彰館オリジナルグッズ】
  • 3Dクリスタル 南方マンダラ【南方熊楠顕彰館オリジナルグッズ】
  • 3Dクリスタル 南方マンダラ【南方熊楠顕彰館オリジナルグッズ】
  • 3Dクリスタル 南方マンダラ【南方熊楠顕彰館オリジナルグッズ】

3Dクリスタル 南方マンダラ【南方熊楠顕彰館オリジナルグッズ】

「南方マンダラ」として知られる、土宜法竜宛ての明治36年(1903年)7月18日付けの書簡に描かれた図を3Dクリスタルに。

¥3,880税込 /

全国一律送料無料

※条件により送料が異なる場合があります

支払い方法:あんしん取引(クレジットカードもしくはTポイント)

在庫:残り3個

このアイテムをお気に入りに登録する

違反商品の申告をする

商品詳細 南方熊楠が土宜法竜宛ての明治36年(1903年)7月18日付けの書簡で示した世界のモデル図を3D画像にしてクリスタルに刻みました。

さて妙なことは、この世間宇宙は、天は理なりといえるごとく(理は筋道)、図のごとく(図は平面にしか画きえず。実は長、幅の外に、厚さもある立体のものと見よ)、前後左右上下、いずれの方よりも事理が透徹して、この宇宙を成す。その数無尽なり。故にどこ一つとりても、それを敷衍追求するときは、いかなることをも見出だし、いかなることをもなしうるようになっている。
(平凡社版『南方熊楠全集』第7巻、365頁)

熊楠自身がこの図について(図は平面にしか画きえず。実は長、幅の外に、厚さもある立体のものと見よ)と注しているので、3Dクリスタルの題材としてはぴったりです。

この図は中村元氏により「南方マンダラ」と呼ばれ、鶴見和子氏が熊楠の思想の根源をなすモデルとして紹介したため、広く知られるようになりました。