ルーペの選び方の注意点
  • ルーペは見る物の大きさや使用内容によって選びましょう。
  • ルーペは倍率が高ければ良いと言う訳ではありません。
  • レンズサイズが大きければ良いと言うわけではありません。
  • ルーペは倍率が大きくなるにつれ、レンズサイズが小さくなります。
  • ルーペは倍率が高くなるにつれ、中心の厚みが厚くなります。
  • ルーペは倍率が低いもは視野が広く、眼への負担も小さくなります。
  • 眼への負担も考えて必要な大きさや倍率で使用しましょう!
ルーペを選ぶ時の目安

1. 新聞、雑誌、広告、地図、等 比較的大きなものを長時間見る時

レンズサイズ 75ミリ 以上
倍 率 2倍程度

○ レンズサイズが大きいと広い範囲を見ることができます。
○ 倍率が低い方が眼への負担が少なく、長時間使用するのに適しています。



2. 骨董品の鑑定や2ミリ程度の文字、キズ等の小さい物を見る時

レンズサイズ 45 〜 65ミリ
倍 率 3 〜 4倍程度
 

○見る物が小さいため、少し高めの倍率が必要です。。
○少しの時間でしたら倍率が高めでも眼への負担は少なくてすみます。
○長時間ご使用の場合は休憩をとりながらご使用下さい。


3.  宝石鑑定や1ミリ以下の物等 細かい物を見る時。

レンズサイズ 10 〜 30ミリ
倍 率 10 〜 20倍程度

○この場合は完全に見ると言う作業になります。
○対象物もかなり小さいためレンズサイズも小さく、高倍率のルーペを必要とします。


4. それ以下の極めて小さいものを見る場合は顕微鏡等をご使用下さい。


注意 
上記内容は目安です。使用方法、個人の視力、眼鏡等の使用で個人差があります。
眼の疲労に注意し、安全にご使用下さい。

老眼鏡との違い

ルーペとは見るものを拡大することによって、小さい文字や物を見やすく
するものです。老眼鏡のように眼の機能低下を矯正するのもではありません


ルーペの選び方 ルーペの使い方 ルーペの倍率

Copyright (c) ルーペスタジオ All Rights Reserved.