ルーペの倍率

みなさまがルーペを選ぶポイントとして倍率は重要なものになると思います。
ここではその倍率に関しての注意点を説明いたします。

ルーペには倍率が表示してあります。例えば2倍や3倍などです。
しかし、実際にルーペを使用した時、3倍のルーペを使用しているのに文字は
3倍に見えない!と言ったことがおきます。ご経験はおありでしょうか?
この原因のひとつは、倍率が計算式によって表すものだからです。
計算式ですから答えはひとつになってしまいます。しかし、ルーペは物から
ルーペのまでの距離
眼からルーペまでの距離で倍率は変わります。

よって実際は2倍のルーペでもルーペ、眼の位置によって2倍以上や2倍以下に見る
ことになります。

その他に、同じ2倍のルーペなのに対象物の見える大きささが少し違う感じ
になります。この原因は、上記の原因の他に次の原因があります。
それは許容範囲です。ルーペの表示倍率には許容範囲があります。
例えば、2倍のルーペの場合は、実際の倍率が1.9〜2.1倍のものがあります。
ルーペの倍率は一般的に下記「ルーペの倍率計算方法」の表にある倍率で表示される
ためこのようなことがおこります。

よって、表示されている倍率はあくまでも目安としてお考え下さい。

ルーペの倍率計算方法

(非球面や高倍率でレンズを2枚以上使用の場合はあてはまりません。)

  倍  率 = (250 ÷ ルーペの焦点距離)+1
  倍  率 = (ディオプター ÷ 4) +1
  焦点距離 = 1000 ÷ ディオプター

上記がルーペの倍率を表す計算式です。
例えば、焦点距離が100ミリのルーペは(250÷100)+1=3.5倍
と言う感じです。ディオプターが4の場合(4÷4)+1=2倍になります。


ディオプター 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
焦点距離(ミリ) 1000 500 333 250 200 167 143 125 111 100
倍率(倍) 1.3 1.5 1.8 2.0 2.3 2.5 2.8 3.0 3.3 3.5

  
  上記内容は目安です。使用方法、個人の視力等で個人差があります。
  眼の疲労に注意し、安全にご使用下さい。

ルーペの選び方 ルーペの使い方 ルーペの倍率

Copyright (c) ルーペスタジオ All Rights Reserved.