革ってなに?

「硬くて重くて水に弱い」。それなのに何故私達は革に惹かれるのでしょう?最近では我々プロが見ても、一瞬本物と見間違えるほど精巧な合成皮革が存在し、それらは柔らかく、軽く、水に強く、時には圧倒的に安価です。しかし、本物の革には合皮に負けない魅力があるのです。優れた革製品は、使い手の要望に応えてくれます。時に、必要な箇所は必要な柔らかさを持ち、ニーズに応じて伸縮さえします。加えて革の圧倒的な魅力は、その存在感と温かみと言えるでしょう。作り手から見ても、供給量・価格は安定せず、個体差があり、傷・シワがあり、繊維の方向を気にし・・・やっかいな分だけやりがいのある仕事とも言えますが、これだけあるマイナス要素を補って余りある魅力を、革は持ち合わせているのです。
FREE BIRDでは主に”牛ヌメ革”と”鹿革”を使用していますが、ここでは前者”牛ヌメ革”についてご説明しましょう。
「革」と「皮」

時にはプロでも混同している二つの言葉。どちらの「カワ」も動物の表皮ですが、生体から分離し何も加工していない物を「皮(skin)」と呼びます。皮はそのままでは腐ったり硬化して、使い物になりません。そこで、「なめし加工」を施し、「革(leather)」となります。「なめし加工」には大きく分けて2種類あり、人工的な塩基性硫酸クロームを使用した物を「クロームなめし」、植物由来のタンニンを使った物を「タンニンなめし」と呼びます。前者は軽く柔らかく仕上がり、短時間で出来、生産性が高いので現在ではほとんどの革がこの方法で作られています。後者は、手間暇が掛かり高価ですが、硬く丈夫で使い込むと独特の風合を楽しむ事が出来ます。自然素材を用いる事で環境にも優しいエコロジーな革、スローライフな革と言ってもいいかもしれませんね。
「牛ヌメ革」

FREE BIRD では、主に牛ヌメ革(4ミリ〜1ミリ)を使用しています。ヌメ革とは、植物性のタンニンで鞣し(なめし)ただけの革で、ラッカー等の表面加工をしていないので光沢はほとんどありませんが、革そのものの味わいがあります。そして、時間の経過と共に、使い込む程に風合を増し、自然な艶(ツヤ)が出てくるのです。現在はオーストラリア産のブルハイドを国内のタンナーで仕上げたもの、ドイツヌメ、アメリカンオイル等の革を厚みや用途によって使い分けています。


この革の呼び名、日本では「ヌメ革」、アメリカ等英語圏の国では「サドル(鞍)レザー」と呼ぶのが一般的で、本来は同じ物のようです。二つの名称を敢えて使い分ける場合は、ヌメ革はなめしてそのまま、サドルはヌメを軽く磨いて、少し艶をだして変化を付ける事があるようですが、厳密な基準はなさそうなのでタンナー(なめし工場)やブランド、ショップによって呼び方が違っている場合があります。

タイトル画像

別館のご案内
オーダー(カスタム)メイド、リメイクに関する情報は別館別館(FREE BIRD.com)にて承ります。
革財布工房 TEDDY'S (テディーズ)
世田谷区北沢5-1-7-103
phone/fax 03-5738-7158

Copyright(c) TEDDY'S. All Rights Reserved.