肉のこだわり


  1. 京都牛(京都産黒毛和牛)とは

    古くから恵まれた自然を生かし、長年に亘る農家の努力により、今日では資質の優れた肉質の良い黒毛和牛が生産され、 とても霜降りが綺麗で色 はピンク色をしています。肉の繊維が大変細かく食感がよく、美味な牛肉。 味はしっかりとしていて旨味たっぷりの甘味を感じることで、全国的に高く評価され ています。

  2. 国産牛と和牛(京都牛)の違い

    一口に牛肉と言っても外国産の輸入牛肉と国内で生産された牛肉とに分けられるのは、ご存知のとおりです。
    また、国内で飼育された牛も、「国産牛」と「和牛」に分けられます。
    「和牛」は日本の在来種をもとに、交配を繰り返して改良されたもので、「黒毛和種」、「褐色和種」、「日本短各種」、「無角和種」の4種類があります。
    一方で、一定期間(輸入されてから3ヵ月間)以上日本国内で飼育されていれば「国産牛」と呼ぶことができます。
    つまり、アメリカやオースト ラリアから輸入して日本で3ヶ月 以上飼育されていれば「国産牛」となるのです。
    また、乳牛用のホルスタイン種を肉として販売する場合も「国産牛」です。

  3. 牛肉の格付けA5ランクとは?

    それでは、牛肉の格付け「A5」とはどのようなものなのでしょうか。
    牛肉の格付けには、A、B、C、の歩留等級と、5〜1までの肉質等級があります。
    歩留等級と肉質等級を合わせてA5,B3などと評価します。

  4. 牛肉の歩留等級とは?

    牛肉の歩留等級とは、牛1頭から取れる肉の割合を表す格付けで、以下のように分類します。
    A:部分肉歩留が標準より良いもの
    B:部分肉歩留の標準のもの
    C:部分肉歩留が標準より劣るもの
    要するに、牛の体重に比べて肉となる部分の重さが重いほど高い等級になるということです。

  5. 肉質等級、BMS(牛脂肪交雑基準)とは?

    次に格付けのポイントとなるのが肉質です。
    まず、BMS(ビーフ・マーブリング・スタンダード、牛脂肪交雑基準)と呼ばれる指標で、赤身の肉にどれだけサシ(霜降り)が入っているかをNo.12(最高)~No.1(最低)に分類します。
    そして、以下の表のようにBMSがNo.1なら肉質等級1、BMSがNo.2なら肉質等級2、BMSがNo.3〜4なら肉質等級3、BMSがNo.5〜7なら肉質等級4、No.8〜12なら肉質等級5というように分類されます。


製造方法のこだわり


CAMERONバーグは徹底した衛生管理の元一貫して手作りにこだわっています。
料理は愛情と言う通り、お召し上がり頂くお客様の喜んで頂ける笑顔を想像し、一つ一つ丁寧にかつ
素材の鮮度を落とさない様迅速に心を込めて作成しております。
特にハンバーグの種を混ぜ合わす際に手ごねにこだわり、材料が均等に混ぜられているか異物が混入していないか細心の注意を払い一つ一つ形よく形成いたします。
職人が丁寧にてごねする事によって柔らかくジューシーなCAMERONバーグが出来上がります。
ですからCAMERONバーグは一つ一つほんのわずか形が違います。
形の違う事が手作りの証です。
また、焼き方にもこだわり、試行錯誤の結果、一旦フライパンで焼き目を付けたハンバーグを
蒸し焼きに溢れる肉汁を閉じ込めると同時に驚くようなふわふわとろとろの食感を生み出します。
従来のハンバーグの概念をくつがえした厳選した企業秘密の食材と京都牛のハーモニーを
最大限に生かしました。お箸で食べられる上質なCAMERONバーグは期待を裏切りません。

管理体制のこだわり


衛生管理・温度管理・品質管理を徹底
作業を行うスタッフの衛生はもちろん、食品衛生法に基づき専門厨房を設け食肉販売業の営業許可を保健所より取得し厨房内の使用した器具を毎日細部まで清掃するなど、厨房内のクリンネスを徹底。また素材の段階から出荷までの各工程で、素材・出来上がった商品・冷凍庫などの室温をしっかりと管理しています。自社厨房で製造することによって、品質管理がしやすくなり、安全面の確保やお客様の要望への迅速な対応が可能になります。商品をご購入くださるお客さまに、確かな安全と安心をお届けしています。

アレルギーの表記小麦・卵・乳・カシューナッツを使用しております。
名称焼きハンバーグパテ
原材料和牛ミンチ(国産)・牛乳・バター
野菜果実(玉葱・蓮根・マンゴー)・牛脂・卵
天草・小麦粉・食塩・砂糖・昆布粉末
カシューナッツ
内容量120g
賞味期限製造日より冷凍で3ヶ月
保存方法−20℃以下で要冷凍
解凍後はすぐにお召し上がり下さい
製造者(株)ヒロ・スタッフエージェンシー
住所 京都市下京区御幸町通仏光寺下ル橘町442

料理長からの一言


  1. 料理に対する思い

    大切なのは自分の料理を愛し、信じること
    私が料理に携わってからすでに十数年たちますが、その間に日本の料理界が大きく変化したのはいうまでもありません。
    私が料理の世界に入った当初は、料理のジャンルが確立され、お客さんもまだ柔軟な料理をそれほど受け入れませんでした。
    しかも料理に関心を寄せている人はなお少なかったから当然のことでしょう。
    今は大変な違いですね。
    フレンチ界を見てみると、ポール・ポキューズの時代から、ミシェル・グラール、そしてジョエル・ロピュションヘと、その時代をリードする優れた料理人が、その個性を大きく主張してきた時代でもありました。
    それらの料理人の料理に、いろんな名前(ヌーヴェルとかモデルヌ、レジョナル…)がつけられてきました が、私たち料理人にとって大切なことは、その流れのどこに自分がいるかよりも、自分が料理を愛して、自分の作る料理を信じることだと思います。
    自分にとって大切なのは、ジャンルではなく、おいしい料理を作る、ということだからです。
    時代に生きている料理人として自分の料理は「今の」料理だといえると思います。
    基本は同じですが、時代とともに演出の仕方は変化していきます。調理法も、ジャンルも、それなりの変化はあるでしょう。
    しかし″発明する″というほどの大きな革命はないと思うのです。むしろ、かつて活躍した偉大な料理長たちが残してくれたものの再発見、ということが活発になっていくような気がしています。
    それは昔のままの再現ではなく、今の私たちにとってクラシックなそれらの料理の中から″今″を発見するということです。違った視点で解釈するということです。
    料理を極めるために、あえて料理以外の分野にも幅広く視野を広げるようにしており、食の更なる広がりを常に意識しております。自分におごらず常に初心を忘れず、料理に対する情熱を絶やすことなく精進して参りたいと思います。
    どうぞ、心を込めたお料理をお楽しみくださいませ。

  2. ハンバーグを主体とした料理の提案

    まずはソースなしで一口お試し下さい。
    新鮮・上質な素材を使ったハンバーグは実はそれだけで美味しく召し上がって頂けます。
    私共で開発した特製デミグラスソースや岩塩・わさび醤油・マスタード・ポン酢・てりやきソース等、又、中華の甘酢あんかけでも美味しくお召し上がり頂けます。
    皆様のお好みに合わせてお召し上がり下さい。
    また、お好みでチーズや目玉焼き、大根おろし等をトッピングしたりパンに挟んで召し上がって頂いても美味しくお召し上がり頂けます。
    その他、キャベツを巻いてロールキャベツ風にして頂いたり、パン粉をつけてハンバーグカツにしたりご飯に乗せてハンバーグ丼やロコモコ、トマトベースのパスタにも良く合います。
    当然カレーにも合いますのでお子様から大人まで色々な変化をお楽しみ頂けます。

  3. CAMERONの経歴

    2009年6月4日、現在の地、京都御幸町に明治初期に建てられた京町屋をリノベーションしイタリアから取り寄せた、調度品で彩る創作和食レストランとしてオープンする。
    開業当初より、平日はレストラン・土日はウエディングのプロデュースを行いお客様の幸せを一番のテーマに営業を行う。
    2011年9月より料理長が変わり(現在の総料理長:田渕 秀治)創作フレンチレストラン京都御幸町Restaurant CAMERONとして生まれ変わる。
    以後、フレンチ伝統をベースに置きながら開業以来の精神である、ジャンルにこだわらずお客様に美味しい物と感動を提供する事を目標に置き、日々、勉強と努力を重ね続けております。
    2014年6月に5周年を迎えます。今まで積み上げてきた『おもてなしの精神』と感動・癒しを与えられるサービス・空間を提供し更なる飛躍を目指しお客様のニーズに答えて参る所存でございます。


メディア露出


  • 2011年07月07日 京都地検の女(7)(第1回)スタートスペシャル の舞台になりました。
  • 2012年11月26日 日本テレビ「メレンゲの気持ち」で紹介されました。
  • 2012年10月16日 J:COM『恋舞妓の京都慕情』で紹介されました。
  • 2013年10月14日 産経新聞夕刊で紹介されました。
  • 2013年10月14日 Sankei Bizで紹介されました
  • 2013年11月18日 MSN産経ニュースで取り上げられました

究極のハンバーグ

1件中 11件目

価格帯
  • 円〜

絞り込み条件を開く

フッター2

Copyright (C) 2014 株式会社ヒロ・スタッフエージェンシー All Rights Reserved.