この教材について
この教材はギルフォード理論に基づいて制作された幼児知能教育教材の家庭版です。キャラクターは登場しませんし、カラフルでもありません。お子様向けのガイダンスもありませんから、ただ与えるだけでは遊び方もわかりません。おうちの方の個別指導が必須の教材です。初めての時は戸惑うかも知れませんが、わかりやすい「指導の手引き」と「導入教材」が添付されていますので、お母さんが教室の先生のように指導することができます。 また、絵カードの教材ですから何度でも繰り返して行うことができます。所要時間は1教材あたり事前の準備に5分〜10分、「あそび」の実施に20分〜30分が目安です。キディトレインは自信とやる気を引き出す教材です。プリントやドリルが苦手な子もキディトレインで楽しく頭を働かせて遊んだ後なら喜んで取り組むようになります。
幼稚園用教材
幼稚園・幼児教室での一斉指導用教材は当社ホームページをご覧ください。(個人の方は購入できません)

詳しくはこちら

教材袋について

こちらの教材袋でのお届けになることもありますのでご了承ください。
言葉がけのポイント
 
  • 物の形や色、物事の意味や状態、人の仕草や表情をじっくりと見させる。
    「あわてないで、ひとつひとつの絵をしっかり見ようね。」

  • どれにしようか迷ったり、早合点して間違えたり、勘違いしていて後で直したりすることが知能因子への刺激です。どんどん出来てしまうときは、もうわかっていることをやっているのであまり刺激になりません。
    「間違えても構わないから、いろいろやってみようね。」
    「これでもよいけれど、もっとぴったりのがあるかな?」


  • 最後に、今日の活動を認め、ほめることを忘れないようにしましょう。「早くできたからえらい。」「全部出来たからえらい。」とほめるよりも、自分で考えることが出来たことをほめるようにしましょう。
    「今日はここまで出来たね。かんばったね。」
    「今日はよく頭を使ったね。また今度やろうね。」
教材の構成基本的に「絵カード」と「ノート[だいし、はめこみばん]」で構成されていますので、何回も繰り返し行うことができます。(一部、線を引く教材があります。[年長用に1教材、年中用に2教材、年少用に2教材])
指導の方法幼児教育の専門知識は必要ありません。わかりやすい「指導の手引き」と「導入教材」が添付されていますので誰にでも簡単に取り組めます。(所要時間は1教材あたり事前の準備に5分〜10分、「あそび」の実施に20分〜30分が目安です。)
・「指導の手引き」添付・・・・・お母さんが教室の先生のように指導できるガイダンスです
・「導入教材」添付・・・・・・・机上で使う小さな掛図です(教材カタログをご参照下さい)
・「おうちの方へ」添付・・・・・わかりやすい「あそび」の解説です
・「あそびダイジェスト」添付・・「あそび」の内容が一目でわかるダイジェストです
教材の種類幼稚園・幼児教室用教材と家庭用教材がありますがどちらも内容は同じです。幼児教室・幼稚園用教材は一斉指導に、家庭用教材はマンツーマン指導に対応しています。
教材の難易度ただ与えておけばよい一般向けの幼児教材に比べるとかなり難しいとお考え下さい。(キディトレインは易しい課題から入ってだんだんと難易度を上げて行きますので個別指導が不可欠です。)

私立小学校受験の教材としては易しすぎるとお考え下さい。プリントやドリルに取り組む前段階として「自分で考える力」を育むには大きな効果があります。(キディトレインは遊びを重視していますので取り組みやすく、子どもの自信とやる気を引き出すための「息抜き教材」として使用されることも多いようです。)

国立小学校受験の場合にはキディトレインを繰り返し行うことで十分だとお考えになる方も少なくありません。(キディトレインを1教材行う度に、続けて子ぐま会などの市販プリントに取り組むことをおすすめします。プリントやドリルが苦手な子もキディトレインで頭を働かせて遊んだ後なら喜んで取り組みます。)

教材の効果
自分で考える力が身につきます
キディトレインはギルフォード博士の知能構造論(領域[情報が属する4つの分野]、所産[6つの情報処理系列]、働き[5つの情報処理方法]という3次元の構造モデルである知能因子に刺激を与える)に基づいて一つひとつ教材が各々一つの知能因子をターゲットに開発されています。各々の教材のねらいが明確であることによって各々の課題を自分の力で的確に解決するぶれない思考力を育むことが出来るのです。

人のお話しをしっかりと聞く習慣がつきます
キディトレインはおうちの方のやり方を見て、おうちの方の説明やお話しを聞いてから「自分の力で取り組む」教材です。お子様はやり方がわからないと先へ進めませんから何度も行う間におうちの方のお話しをしっかりと聞く習慣が身につきます。おうちの方も簡潔な説明や言葉掛けでお子様の「やる気」を引き出す指導方法が学べます。

指先を使うことで巧緻性も養われます
自分でカードを切り取って、自分でカードを広げて、おうちの方の設問に合致するカードを見つけたり選んだりする教材です。カードを回して向きを変えて確かめたり、よく似たカードを並べて見比べたり、指先と頭脳を同時に働かせます。

自立心を高め集中力を養います
「導入」ではおうちの方が一緒に行うことで課題を解くやり方をお子様に理解させます。「展開」の課題はお子様が自分の力で取り組みます。おうちの方は手や口を出しすぎないようにしてお子様に自分で考える時間を与えることが大切です。(自分で考えさせるための言葉掛けや助言の方法は「指導の手引き」に記載されています。)キディトレインはお子様の「自分でやりたい」という意欲と「自分でやり抜く」気力を育みます。

幼児知能教育について

脳の発達のしくみ

人間の脳は生まれてから3歳までは急速に発達しますが、以後は徐々に発達速度が鈍り20歳を過ぎると成長は止まります。ところで、幼児の身体がどんどん大きく重くなるのは、身体の細胞が次々と細胞分裂を繰り返して成長するからなのですが、脳の細胞は胎児の時に細胞分裂を終えています。生まれてからの脳の細胞は数が増えたり、ひとつひとつの細胞が大きくなったりはしないのです。身体の細胞とは異なり、脳の細胞は細胞どうしが絡み合うシナプス連結ということを進めることで急速に大きく重くなっていくのです。つまり、脳の発達とは、このシナプス連結を進めることなのです。

脳の発達の時期

  • 第一期 生まれてから3歳くらいまでの模倣の時期。真似をすることによってシナプス連結を進めていきます。
  • 第二期 3歳以後10歳くらいまでの創造の時期。第一期に模倣によって作られた神経細胞の回路網を自分の力で使う働き、つまり、やる気を持つことによってシナプス連結を進めていきます。
  • 第三期 10歳以後の錬成の時期。シナプス連結は10歳くらいで完全に終ってしまいますから、これ以後の脳はその内面的な力を発揮して成長して行くことになります。

幼児期に与える教材

昔から「三つ子の魂百まで」(人はたとえ百歳になっても、その性質は3歳の頃と変わりがない)と言われています。科学的にみても脳の発達の第二期である3歳頃からの「創造の時期」こそが知能にとって最も大切な時期ですが、幼児の発達段階には大きな個人差がありますからそれぞれのお子さまに適した教材を選ぶことが大切です。

幼児知能教育教材

キディトレインはギルフォード理論に基づいて制作された本格的な幼児知能教育教材です。ギルフォードの知能構造論とは、人間の知能を領域(情報が属する4つの分野)、所産(6つの情報処理系列)、働き(5つの情報処理方法)という3次元の構造モデルとして捉えるものです。この領域、所産、働きという3つの側面の要素を1つずつ組み合わせたものを知能因子と呼びます。4つの領域×6つの所産×5つの働きですから知能因子には全部で120通りの組み合わせがあることになります。なお、現在では当初の4領域に「聴覚」を加えた5つの領域にて150の知能因子とされていますが、キディトレインでは教材制作の都合により「聴覚」の領域は扱っておりません。また、教材制作にあたってはサーストンの基本的知能因子[基本的精神能力(言語力・語の流暢性・空間的関係・数、計算・記憶・推理、推論・知覚認識)]の理論も取り入れています。キディトレイン教材のねらいは脳の発達が最も顕著な幼児期に知能因子に多面的かつ系統的な刺激を与えることによって「自分で考える力」を伸ばすことにあります。幼児の好奇心をそそり楽しんで行える知能の遊びですが、ただ与えておけばよいという教材ではありません。実施に際しては事前にお母様が各教材を広げて子どもの視点に立ってシミュレーションすることが大切です。「刺激される知能因子」と「ねらい」をしっかりと把握し、心の余裕を持って行って下さい。