壁紙の張り替え かべがみ道場


  1. ブラインドスクリーン壁紙道場LUCK > 
  2. DIYリフォーム 壁を...  > 
  3. ダイノックシート  > 
  4. ダイノックシート 玄...  > 
  5. ダイノックシート 玄関ドア 3M玄関ドアリフォームシート DR-011
ブラインドスクリーン壁紙道場LUCK

玄関ドアにシートを貼るだけでリフォームができる!

ダイノックシート 玄関ドア 3M玄関ドアリフォームシート DR-011

メーカー希望小売価格:8,532円

通常販売価格6,825円(税込)

条件付き送料無料送料・配送方法の詳細

貼るだけですぐキレイになるだけでなく”はやく”て”お得”で”長持ち”などのメリットが盛りだくさんです。

3m 住友スリーエム ダイノックフィルム ダイノックシート カーボンフィルム カーフィルム 粘着シート 粘着フィルム 粘着シール 化粧シート 化粧フィルム カッティングシール カッティングフィルム カッティングシート 玄関ドアリフォームシート

【ご注意】
1mあたりの価格で、1m単位での販売となります。(規格幅1m)

かべがみ道場ラック 

数量

カートに入れる

選択肢を選んでから、カートに入れるボタンを押してください。

違反商品の申告をする

商品コード:DR-011

シェアする

ダイノックシート 玄関ドア 3M玄関ドアリフォームシート DR-011

商品画像1

  • 商品画像1

閉じる




ダイノックシート(フィルム) 玄関ドアリフォームシート
   玄関を格調高く演出できる
 スタイリッシュなデザインを
 取り揃えました。
 新粘着素材の開発により、
 曲面追従性が向上。
 プレスドアの凸凹部分もきれいに
 貼れます。塗装のような色ムラ・
 刷毛ムラのない
均一な仕上がりを
 お約束します。
簡単な下地処理後、既存のドアに
シートを貼り付けるだけのスピード施工。
塗装のように乾かす時間が不要なため、
施工後すぐにご使用
になれます。
  フッ素加工だから汚れがつきにくく
  水や中性洗剤で 簡単お掃除。

  また、大変優れた耐候性能を有して
  いますので、丈夫でキズもつきにくく、
  日焼けにも強い ので美しさが長持ちします。
      たった一日で“きれい”によみがえる
         いまお使いの玄関ドアにシートを貼るだけでリフォームができる「3M玄関ドアリフォームシート」。
         貼るだけですぐキレイになるだけでなく「はやく」て「お得」で「長持ち」などの メリットが盛りだくさんです。



商品説明

3M玄関ドアリフォームシート 施工手順書

 

1.適用範囲
  本マニュアルは玄関ドアリフォームシートの貼付け方法について説明したものです。

2. 準備する道具及び材料
  (1) プラスチックスキージー 住友スリーエム製PA−1(布を巻いたもの)
  (2) カッター
  (3) ウェス
  (4) 清掃用溶剤
  (5) プライマー(ダイノック専用プライマー DP-900またはEC-1368)
  (6) 刷毛
  (7) ポリエステル系パテ
  (8) ドライヤー
  (9) サンドペーパー
  (10) ドライバー(付属部品取り外し用)
  (11) 六角レンチ(付属部品取り外し用)
  (12) 針またはピン
  その他、巻き尺、スチール製定規、マスキングテープ、中性洗剤、ダンボール、作業用軍手、下地処理用鉄ベラ、
  掃除機、養生用保護シート、  赤外線ランプ、ジェットヒーター、 照明器具など、必要に応じて準備して下さい。

3. 作業環境
  1) 作業温度
    本製品の貼付けは、原則として作業温度12〜35℃で行って下さい。
    温度が12℃以下の場合は、赤外線ランプ、ジェットヒーターなどで扉を暖めてから貼付け作業を
    行なうようにして下さい。
  2) 作業場所
    ホコリや細かいチリが貼り付け面と本製品との間に入ると、適切な接着力が得られなかったり、
    仕上がり表面に突起が生じたりする原因となりますので、清掃を行ってから貼付け作業をして下さい。
    また、暗い場所で作業しますと、気泡や仕上がりミスの発見が困難になりますので、暗い場合は照明器具で照明して下さい。
    プライマーや清掃溶剤などは可燃性引火物ですので、熱、スパーク、炎から離して作業するようにし、換気にも十分注意して下さい。

4. 貼付け下地の選定
  ・ 貼付けは、塗装鋼板、塩ビ鋼板、アルミ板の扉に行って下さい。
  ・ 直接日光や雨があたる木質系のドアに施工した場合、ふくれが発生することがありますので、施工しないで下さい。
  ・ 錆びて表面の鋼板が腐食しているものや、鋼板内部から水分が出てきているような扉には施工しないで下さい。
  ・ プレス形状の扉はその形状によって施工できない場合があります。

5.貼付け手順
  1)貼付け下地の表面調整
   ・ 窪んでいる部分は、ポリエステル系パテで充填し、平滑にしてから施工して下さい。
   ・ 表面化粧材が浮き上がってきている部分は、施工後剥離する恐れがあります。アルミ板などで補強してから施工して下さい。
   ・ 下地表面は十分に清掃し、ホコリなどは除去して下さい。
   ・ ドアノブ、ドアクローザー、ドアスコープなどの付属部品はなるべくはずしてから施工して下さい。
  2)プライマー処理
   ・ 貼付け面にプライマーを塗布し、十分に乾燥してからシートを貼付けて下さい。
     貼付ける扉の種類によって次の通りプライマーを使い分けて下さい。

扉の種類 プライマー 塗布部分
塗装鋼板 DP-900またはEC-1368 平面端部および小口
塩ビ鋼板 DP-900 全面
アルミ板 EC-1368 平面端部および小口

※ プライマーが塗装面を侵す可能性がありますので、事前に目立たない部分で確認してからご使用下さい。
※ 下地との密着が悪い塗装面へは施工できません。
・ プライマーDP-900は紫外線により、茶褐色に変色します。塗布する際は、はみ出さないよう注意して下さい。
  3)平面貼付け
   ・ プラスチックスキージーを使用し、十分圧着して下さい。
   ・ この時、何も巻いていないスキージーで圧着すると、シート表面に傷がつきます。ネルやフェルトを巻いたものをご使用下さい。
  4)扉の小口部分の処理
   ・ 左右はシートを重ねあわせて、収めて下さい。その際、下のシートの重ね部分をサンディングし、プライマーDP-900を塗布してから、
    重ね貼りして下さい。(プライマーDP-900は、はみ出さないように塗布して下さい)
   ・ 但し、見切り金具がある場合は、巻き込まず、その部分まで貼り込んで下さい。
   ・ 上下の小口には貼らず、上端、下端でカットして下さい。
  5)気泡の処理
   ・ 気泡が生じた場合はピンまたは針の先で穴を開け、空気を追い出して下さい。
  6)貼付け後の確認
   ・ シート貼付け後、気泡やしわなどが生じていないか、確認して下さい。
   ・ 特に、低温時の施工後は、貼付け後のシートをドライヤーなどで温めながら気泡の有無の確認を行って下さい。
  7)付属品の取付け
   ・ 最初にはずしたドアノブなどの付属品を元通りに取付けて下さい。
   ・ このとき、付属品の固定部分がシートにかかる場合、固定部分のシートをあらかじめカットするか、
    付属品固定後に固定部分のまわりのシートをカットして下さい。この処置を行わないと、施工後のシートにしわが入る場合があります。

6.注意事項
  ・ 下地の凹凸面(プレス形状)については、施工可能な形状とそうでないもがあります。必ず事前に当社にご相談下さい。
  ・ 施工後の下地からの腐食は、フィルムでは防ぐ事は出来ません。

7.保管
  ・ 玄関ドアリフォームシートは過度の湿気や直射日光を避け、雰囲気温度38℃以下の清潔な部屋に放置した場合、
    1年間の保管が可能です。

8.清掃方法
  ・ ほこりなどの汚れは、水拭きか中性洗剤を使用して清掃して下さい。
  ・ 油汚れや靴墨などの汚れはクリーナー20(当社製洗浄剤)を使用して下さい。
  ・ 研磨粒子を含んだ洗剤およびタワシは使用しないで下さい。

おすすめ商品