イスラム国と警視庁公安部の真実 常岡浩介×寺澤有 (DVD)

イスラム国と警視庁公安部の真実 常岡浩介×寺澤有 (DVD)

3点1件の商品レビュー

【メニュー】
Part1 基調報告 常岡浩介 44分
Part2 討論 常岡浩介×寺澤有 72分
Part3 質疑応答 「大司教」登場! 68分
※本商品は簡易包装です。

¥2,700税込 /

全国一律送料無料

※条件により送料が異なる場合があります

支払い方法:あんしん取引(クレジットカードもしくはTポイント)

このアイテムをお気に入りに登録する

違反商品の申告をする

商品詳細 【内容紹介】
 イスラム教スンニ派の「イスラム国」が勢力を拡大している。他宗教や他宗派に対する虐殺、女性や子どもを奴隷とするための拉致などの蛮行をくり返しながら、である。
 そんなイスラム国へ3回も取材で入り込み、貴重なリポートを届けてきた常岡浩介。2014年10月6日、警視庁公安部は常岡の自宅を家宅捜索し、携帯電話やパソコン、ビデオカメラなど、62点を押収した。翌7日から常岡は4回目のイスラム国取材を控えていたが、断念せざるをえなかった。
 北海道大学の学生が「イスラム国へ行きたい」と話しており、彼を常岡は取材していた。公安部は学生を刑法第93条の「私戦予備及び陰謀罪」の容疑者とし、常岡の自宅を関係先として家宅捜索したのだ。
 このような家宅捜索は日本国憲法第21条が保障する「取材・報道の自由」を侵害するものである。しかも、警察庁自身が「戦後、私戦予備及び陰謀罪による強制捜査は例がない」と認めるとおり、もはや死文化した条文を持ち出しての無理やりの家宅捜索だった。
 10月28日、常岡は旧知の寺澤有とトークライブハウス「高円寺パンディット」に登場。満員の客を前に、公安部の違法捜査の実態とイスラム国に関する情報を収集できない無能さを批判した。
 一方、常岡は学生が自分に接触してくるまでに、「大司教」と呼ばれる人物が介在していたことも指摘。しかし、常岡自身は「大司教」と面識がなかった。質疑応答の冒頭、男性客が立ち上がり、「私が『大司教』です」と名のると、場内は騒然となる――。
 密度の濃いトークライブを映画監督の早川由美子が撮影、編集し、臨場感あふれるDVD、ブルーレイにしあげた。