神様でも間違う  黒木昭雄 著

神様でも間違う  黒木昭雄 著

警視庁管内で連続少女殺人事件が発生。文京署特捜本部は、車両監視装置「Nシステム」の情報と現場に残された指紋から箕島拓海を指名手配する。しかし、拓海の妹の律子とつき合う文京署刑事課の楠木将隆、その上司の山岡健介は、冤罪の可能性を疑い、独自の捜査を進める。彼らの行く手を阻むのは、ときには事実を隠蔽してまで、組織のメンツを保とうとする警察やマスコミだった。誰もが予想しえないラストへ向かい、物語は走り続ける。

¥1,944税込 /

全国一律送料無料

※条件により送料が異なる場合があります

支払い方法:あんしん取引(クレジットカードもしくはTポイント)

このアイテムをお気に入りに登録する

違反商品の申告をする

商品詳細 【目次】
第1章 新米刑事
第2章 連続少女殺人事件
第3章 遺留指紋
第4章 Nシステム
第5章 キャリアとノンキャリア
第6章 是有守
第7章 Nクロス
第8章 ゲーム

【著者プロフィール】
1957年12月19日 東京都生まれ
1976年4月 警視庁採用
1977年4月 本富士署配属
1986年7月 第2自動車警ら隊配属
1995年2月 荏原署配属
1999年2月 退職
以後、警察不祥事や冤罪事件を独自の視点や手法で取材、報道し続け、「捜査するジャーナリスト」との異名をとる
2010年11月1日 自殺
著書に、『警察腐敗』(講談社)、『臨界点』(同)、『栃木リンチ殺人事件』(草思社)、『秋田連続児童殺害事件』(同)など