世界の銘品をあなたのもとへ


ストウブ
/ストウブ
ストウブ
歴史
ストウブ(staub)はフランス・アルザス地方の調理器具メーカー。黒い厚手のホーロー鍋「ピコ・ココット」が有名です。蓋の裏に付いているピコ(丸い突起)は、素材から出る蒸気を再び水滴化させ、料理をふっくら、しっとりと仕上げます。そのため素材の旨みを逃すことなく調理できるほか、最低限の水分で調理できる「無水調理」も可能です。この「ピコ・ココット」は1974年、ストウブ社の創業者、フランシス・ストウブ氏と三ツ星シェフ、ポール・ボキューズ氏の共同開発により誕生しました。ボキューズ氏は、「ヌーベル・キュイジーヌ」の旗手として、現在のフランス料理の潮流を作り上げた、世界中のシェフの頂点に立つ人物です。フランス製の鋳物ホーロー鍋「ル・クルーゼ」と比べて、ストウブはシェフの愛好家が多く、男性的なデザインが特徴。また表面と内側にエナメル質ホーロー加工が3層にも渡って施されているので、お手入れが簡単。表面のザラザラするストウブ独自の薄い多孔質のエマイユ加工により、 食材が焦げ付きにくくなっています。厚みのある鋳鉄は熱を底面と側面に均等に伝える為、熱を逃がさず、風味や栄養分を逃しません。底面は滑らかなエナメル仕上げになっていますので、IHプレートなどもキズつけません。

ストウブ

56件中 120件目

  1. 1
  2. 2
  3. 3