「あなたもリアル有名人になれる!」

「あなたもリアル有名人になれる!」

特別化ブランディング3部作の第3弾。
日本一のネーミング・コンサルタントが書いた
無名人がメディアに出まくって、ネット有名人からリアル有名人になる方法。

「あなたもリアル有名人になれる!」
http://makikomi.jp/real/

新聞、ラジオ、雑誌、テレビ……に出るのは、意外と簡単。
お金を使わず手間をかけず、新聞に自分の広告を出そう!

【ブランディング3部作】
まとめて買うと14,940円が9,800円!
http://store.shopping.yahoo.co.jp/icnpmx42kmrwgsiofoxslalpti/n2mfyfgcbi.html

[販売期間]2016/07/26 ~ 2017/07/24

¥4,980税込 /

全国一律送料無料

※条件により送料が異なる場合があります

支払い方法:あんしん取引(クレジットカードもしくはTポイント)

このアイテムをお気に入りに登録する

違反商品の申告をする

商品詳細 いま、テレビや雑誌で活躍している有名人も、みんな初めは無名人でした。

しかし、誰もが「有名になりたい」と夢を抱いて、戦略的に前進し、
何があってもあきらめなかった人たちだけが、いま有名人になっているのです。

ですから本書は、
「必ず有名になりたい」
「決してあきらめない」
「そのために行動し続ける」
という決意のある方にとっては、大いに参考になるでしょう。

本書に書かれた戦略を、1回や2回ではなく、5回、10回と繰り返すことで、
誰もが必ずメディアから取材されるようになるからです。

いや、実際には、5回も10回も必要ありません。
今までに本書を実践した方の中では、もっとも時間がかかっても3ヶ月。

最短では、たったの10日後には新聞に取り上げられました。


では具体的に、あなたが新聞に新聞に載るためには、どうしたらいいのでしょうか?

その方法は、たった一つです。
「プレスリリース」という書類を作って、
「記者クラブ」というところに持っていけばいいだけです。


このプレスリリースの内容さえ面白ければ、
マスコミは誰のところにでも取材にやってきます。

もし反応がなくても、ガッカリする理由はいっさいありません。
単に、タイミングが合わなかっただけ、新聞に載せるスペースが足りなかっただけなので、
切り口を変えて何度も出し続けていれば、いつか必ず載ります。

これはもう、「確率論」なのです。

ただし、肝心のプレスリリースの中身がつまらなければ、
これは何度出しても載ることはありません。

パッと見た瞬間に、記者の目をひき、印象に残らなければ、
即ゴミ箱に直行です。

では、どんな内容のプレスリリースなら採用されるのか?

本書の中から、2点だけヒントをお出ししましょう。

「インパクトのある、斬新なネーミング」

「無料の電子書籍プレゼント!」という一文

これだけ書いておけば、取材が来ます。

だから私は、
クライアントを「ネーミング」と「電子書籍」をブランディングしているのです。



一度でも新聞に載れば、もうあなたは「有名人」というジャンルに入れられます。
次からも、取材が来やすくなるのです。

そんな、新聞やテレビに出るのが「当たり前」という世界に、
あなたも飛び込みませんか?

まずは本書を読んで「プレスリリース」を作ってみましょう。


….*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…..*…. *…..*….


【目次】

はじめに
◆「リアル有名人」って?
◆たった3ヶ月で?
◆「お姫様ウィーク」とは?
◆たった一人のクライアントのために
◆あなたも今から「協賛」しましょう
◆あなたも「リアル有名人」へ

第1章 実録! リアル有名人への道
[1] 私自身が、いかにして「リアル有名人」になったか
◇マスコミ回りを始める
◇初めての新聞デビュー
◇「後追い取材」が入る
◇そして「リアル有名人」へ
◇Facebookで「ネット有名人」に
◇セミナーも開催
◇「行動」からすべてが生まれる

[2] 私がプロデュースしたクライアント様の成功実例
◇【一人目】「るろうにソムリエ」上杉武史さん
◇「るろうにソムリエ」成功の理由
◇【二人目】「カミナリ梅」坂庭つとむさん
◇「カミナリ梅」成功の理由
◇【第1章のまとめ】誰でも「行動」すればリアル有名人

第2章 まずは新聞に載ってみよう
◆リアル有名人は行動している
◆マスコミの種類
◆地方紙のエリア版を狙う理由
◆「後追い取材」も期待できる
◆情報提供する方法
◆まずは役所に電話
◆取材されるまで繰り返すこと
◆直接マスコミ訪問してみる
◆マスコミ一覧表を作ろう
◆プレスリリースを作る心得

第3章 プレスリリース 4つの法則・3つの戦略
◆「コンテンツ」を作ろう
◆こんなプレスリリースでは、取材されない
◆4つの「大義名分」
(1)公共性
(2)公益性
(3)社会性
(4)地域性
◆宣伝ではなく「情報=コンテンツ」
◆コンテンツの提供戦略
(1)無料商品・無料サービス
◇無料プレゼントのデメリット
◇高額すぎると記事にはならない
(2)無料イベント・セミナー
◇まずは会場を押さえること
◇集客ゼロでも構わない

(3)無料の電子書籍
◇電子書籍の活用方法
◇あなたにも「電子書籍」が作れる
◇電子書籍を「集客」につなげるには
◆第3章のまとめ
(4)「限定」という言葉

第4章 必ず取材されるプレスリリース
◆あなたの「ネーミング」は?
◆「幸せ配達人」ではダメ
◆るろうにソムリエ
◆心も体も温める 日本一の遠赤美女
◆究極のプレスリリース
◆プレスリリースは見出しが9割
◆見出しは「ネーミング」が9割
◆プレスリリースでは、説明しない
◆プレスリリースは推理小説
◆採用されるプレスリリースの実例
◆しゃべりすぎないプレスリリース
◆第4章のまとめ
◆だから「お姫様ウィーク」を考えた
◆いますぐ「お姫様ウィーク」へ

第5章 ネットとリアルを連動する
◆ネットとリアルの連携を
◆腐っても新聞
◆ネット→リアル→ネットの環
◆ネットとリアル 8つのステップ
(1)自分が新聞に載ったところを想像する
◇次は「いいね!時計を作ろう!」
(2)プレスリリースの見出しだけ書く
(3)専用のサイト(ホームページやブログ)を開設する
(4)簡単な説明→詳細な説明に誘導する
◇あなたにもできる、この戦略
(5)twitterで宣伝する
◇twitterはティッシュ配り
(6)Facebookで実践する
(7)実績が出たらプレスリリースを出す
(8)現実に新聞掲載される
◇リアル有名人になろう!

おわりに

【巻末資料】
第2回 日本全国お姫様ウィーク2013 協賛お店屋さんマニュアル


※本書はPDFファイルです。メールでお送りします。